10/1~10/5 紺野ぶるまさんの回

松本:今年も始まりました!
この「ほろよい亭」では毎週ゲストをお迎えして、おいしいお酒を傾けながら楽しいお話をお聞きしていきます。今年もカウンターには常連客の春風亭一之輔さんが座っております。一之輔さんと一緒に、素敵なゲストのお話を伺っていこうと思います。

一之輔:今年も始まりましたねえ。日本酒を傾けながら、お話を聞けたらと思います。
おっ、なんだか美女ゲストが来てくれたようですが…。
今シーズン最初のゲストはお笑い芸人の紺野ぶるまさんです。
プロフィールをマスターから!

松本:9月30日東京生まれの32歳。昨年の女芸人No.1を決める「THE W」では決勝進出、「R-1グランプリ」でも昨年今年と決勝進出。その美貌とは裏腹な際どい下ネタを使ったなぞかけを武器に、小悪魔系ネタ職人、恋する毒ガールなどの異名でお笑い界を魅了しています。 今年12月1日には東京新宿角座で4回目となる単独ライブを行われます。

一之輔:身長高いんですねえ。

紺野:185センチです。うそです、172センチです。勘違いしてモデル目指しちゃってたんで、街ではいいカモでしたね。写真撮影にいくら、とかで50万くらいお金も払ったかも。

一之輔:ブレイクするまでは色々あったとか。

松本:涙なしでは語れないという…

紺野:そうですねえ。芸歴9年のうちの8年間でアルバイトを20くらいやったんです。でもやってはクビになるんですよね。仕事覚えが悪すぎて。テレアポのバイトもノート1冊分のマニュアルを覚えようと家にも持ち帰るんだけど、同期の子たちに比べて全然覚えられない!一番思い出に残っているバイトは歯科助手ですね。歯医者が怖くて泣いている子供の患者さんと一緒に泣いちゃったりして怒られたり。

一之輔:仕事をしろって!

紺野:だから「芸1本で行く」って決めたんです。

松本:ネタである「下ネタなぞかけ」ですが、どんなものでしょう。

紺野:なにをかけられても「○○コ」でとく、というなぞかけなんですが…。

一之輔:じゃあ「時計」で。

紺野:「時計とかけまして○○コとときます。そのココロは、どちらもセイコーがあるでしょう」

一之輔:うまい!けどそういうネタばかりじゃないんでしょ?

紺野:他のコントなんかもあるのですが(笑)。

一之輔:大好きなお酒についてお聞きしたいですね。一人でも飲みに行く?

紺野:入りやすいお店なら。飲んでもこのままです。顔には出ないけど翌日覚えてないこともあったり。芸人の先輩に「あんた嫌い」と言ってしまったこともあるんですよ。失敗談もたくさんですね。

松本:さて、このほろよい亭のルールで、実現の可能不可能は関係なく、この人とお酒を飲みたい、という人をゲストの方にお聞きしています。紺野さんが一緒にお酒を飲みたい人はどなたでしょうか?

紺野:今日お話ししてて思ったのですが、一之輔さんと松本さんと一緒に、立ち飲み屋に行きたいです!立ち飲み屋の「長居してはいけない」というルールとか、いいですよね。一度女芸人と2人で「モテるかも」と思って立ち飲み屋できゃっきゃしてたら「うるさい、相撲見てんだよ」と怒られてしまったことがありましたね(笑)。

一之輔:お仕事では、12月に新宿角座で4回目の単独ライブとか。これは、タイトルが毎回すごいね。

紺野:1回目は「ぶるま、夜の新宿でかけまくり」。2回目は「お願い・・・たまたまぶらぶらしていたことにして」。3回目は「私立紺野ぶるま学園」です(笑)。このタイトル決めるのに2週間かけたりするんです。ギリギリの際どいところを狙いたいので。

一之輔:ライブではどんなことを?

紺野:コントもやるしなぞかけも。客層?ボートレースと全く一緒です。おじさんメイン、少し女性も。

松本:こちらの単独ライブの情報は紺野ぶるまさんのツイッターや角座のHPをご覧ください。

紺野:今日はありがとうございました〜。怒られないうちに帰ろ(笑)