11/12~11/16 舟山久美子さんの回

松本:今週も常連客の春風亭一之輔さんと一緒に、素敵なゲストのお話を伺います!

一之輔:今回のゲストは「くみっきー」の愛称でおなじみ、舟山久美子さんです。
プロフィールをマスターから!

松本:1991年4月29日東京生まれ。17歳の時、渋谷でスカウトされ、モデルデビュー。ティーン向けファッション雑誌「Popteen」で専属モデルを務め、一躍有名に。その後、さまざまな雑誌で活躍。現在、雑誌「with」で専属モデルを務めていらっしゃいます。ほかにも、ファッションブランドを立ち上げるなど活躍の場を広げ、タレントとしても活躍中です。

一之輔:モデルから、タレントさんになったそうで。

舟山:モデルって、しゃべらないんですよ。でも、タレントは、しゃべらなきゃいけないから、最初は慣れなかったですね。それに、もともとギャルモデルだったので、ギャルのイメージが強いようで。

松本:そのわりに、落ち着いていますよね。

舟山:父には、ギャルは非行だといわれて、最初は仕事を反対されていました。でも、仕事を通して、自分を引き出してもらった気がします。

一之輔:舟山さんは女子力が高いそうで?

舟山:料理が得意ですね。得意料理は、カレーライスです。王道のカレーも好きですが、シーフードカレーを和風だしで作りますね。味噌を足して、おそば屋さんのカレーみたいな感じのカレーですが、私ならではだと思います。

一之輔:それは美味しそうだ! 舟山さんは、渋谷でスカウトされたのが仕事の始まりだとか?

舟山:はい。109の前で、雑誌のファッションスナップを頼まれたのが始まりです。父は当時、渋谷に行くのも反対していました。私は服がとにかく好きで、赤いコートで行ったんですが、それが目立ったのかな。

一之輔:そのスナップ写真をきっかけに、2009年から6年間、「Popteen」という雑誌で専属モデルを。表紙を通算37回飾ったそうで、ギャルのカリスマ的に。自分の顔が表紙になるって、どんな感じ?

舟山:不思議な感覚ですね~。でも、うれしくて。コンビニで見かけたら、一番前のよく見えるところに、雑誌を並べたりしましたね。

一之輔:反対していたお父さんはどうなったの?

舟山:毎回5冊ぐらい雑誌を買って、知り合いに配っていたみたいですね。

一之輔:それはいい話だ。舟山さんはいま、一人暮らしを?

舟山:猫と一緒に暮らしています。動物が好きで、実家では犬、猫、亀、インコを飼っていました。一人暮らしをしてから、動物がいないのが考えられなくて、猫を飼い始めて4年になります。

一之輔:今飼っているのは、スコティッシュフォールドだとか。写真を見ると、毛並みがよくて、かわいいですね。

舟山:2匹飼っています。アム君とロム君、3歳と4歳です。

一之輔:猫同士、喧嘩したりしないの?

舟山:猫にも上下関係があるみたいで、先に住んでいた猫を、後から来た猫が立てています。

一之輔:へぇ~、芸能界と一緒だ(笑) ところで、舟山さん、お酒は好きなほう?

舟山:好きですね。週4~5日飲んでいます。料理との組み合わせを考えて飲むのが好きですね。最近だと秋の味覚に合わせて日本酒をよく飲みます。最近知ったのは、ご飯を炊くときに、日本酒を少し入れると香りがよくなって美味しくなること。料理家さんに聞きました。

一之輔:へぇ~、そうなんだ! 舟山さんは、お酒は強いほうで? 

舟山:そうですね。和田アキ子さんと、おまかせファミリーで飲みに行くことがあるんですが、みなさんと同じペースで飲めますね。でも、気づいたら寝ちゃうことも。

松本:さて、このほろよい亭のルールで、実現の可能不可能は関係なく、この人とお酒を飲みたい、という人をゲストの方にお聞きしています。舟山さんが一緒にお酒を飲みたい人はどなたでしょうか?

舟山:母方の祖父です。もう亡くなっているのですが、母の話を聞くと、格好いいおじいちゃんだったみたいで。家族のルーツをたどったりして、飲みたいですね!

一之輔:舟山さんは、今新しいことにチャレンジしているとか。LINEマンガ原作のドラマ「文学処女」で、スタイリング・クリエイティブディレクターを担当しているそうですね。

舟山:はい。ドラマに出演している役者さんのスタイリストをやらせてもらっています。

松本:舟山さんのブランドは、「MICOAMERI」(ミコアメリ)というそうですね! その服をドラマのキャラクターに合わせて、スタイリングするの?

舟山:そうなんです。スタイリングの大変さを実感しました。ドラマの内容や背景に合わせて、服を考えるのは、難しかったですが、達成感がありましたね。

一之輔:僕もスタイリングしてほしいな~。

松本:今後の舟山久美子さんの活動は、オフィシャルサイトやオフィシャルブログをごらんください! それではほろよい気分になりましたので、この辺で。