11/24~11/28 研ナオコさんの回

今日のゲストは研ナオコさんです。7月7日静岡県伊豆市のご出身です。子どものころから歌が好きで、1970年歌手を目指して上京。8枚目となるシングル「愚図」で脚光を浴び、その後も「あばよ」「LA-LA-LA」「かもめはかもめ」など数々の名曲を歌われています。他にも女優として「時間ですよ」などにご出演、また「カックラキン大放送」などのバラエティ番組でも強烈なインパクトを残しています。

8枚目のシングルでヒットが出た時、事務所の社長さんが泣いたとか。
「『愚図』がヒットした時に、事務所がパーティを開いてくれたんです。いっぱい人が来てくれてね。7枚目までは全然売れなかった。もう、レコードが微動だにしない(笑)。お店から注文も受けてもらえなかったくらい売れなかったんです。だから8枚目でヒットした時には、普段鬼瓦みたいな顔をしてる社長が泣いたんですよね。それはぐっときました。表に出る人間は一生懸命歌うだけだけど、裏の人間はすごくいろんな動きをしなくてはならない。私よりも頑張ってますよね。私も人との出会いには本当に恵まれているんです」。

交友関係の広い研ナオコさんですが。
「幅広いけど、本当に心の中を打ち明けられる人は少ないかも。家に遊びに行ったりする友達は野口五郎かな。デビューが一緒で、その当時から一緒にオーディションに落ちまくっていたんです。五郎と二人のステージも来年開催しますよ。もう恒例なので私は飽きちゃった(笑)。五郎は完全に私に頼ってますね。ダジャレばっかり言う変態オヤジになってますよ」。

お嬢さんのひとみさんも歌手でいらっしゃる。
「歌手になりました。今25歳です。一緒にCMや旅番組にも出演させていただいています。高校を卒業するくらいに歌手になりたいって言いだして。その理由は本人に聞いてみないとわからないなあ。たぶんほかにやることがなかったのと、音楽が一番身近にあったからじゃないでしょうか。幼稚園の頃は送り迎えの時にはレゲエ、帰ってきたらロックを聞かせていましたから。今年2月に『かあさんへ/ありがとう』というCDをひとみと一緒に出しました。私は吉幾三さんの『かあさんへ』、娘はスキマスイッチの大橋卓弥さんの『ありがとう』をカバーしています。もう一度お母さんのことを思ってあげて、お母さんがいなかったら今の自分はいないよってことを歌いたかったんです」。

さて、お酒はお好きですか?
「特に日本酒はたまらなく好き。先日テレビでも紹介したのですが、おいしいおつまみがあるんです。北海道からお取り寄せの塩辛。今日は持ってきていないので、想像だけでお酒のみましょ(笑)。北海道には縁があって、実は畑を持っているんです。1500坪あるかな。ジャガイモ、ニンジン、カボチャ、玉ねぎ…。いろいろな野菜を作っています。土いじり、いいですよ。ミミズたくさんいるけど、ミミズがいたほうが栄養があるいい土ということだからいいんです」。

この人と飲みたい、という人は?
「いっぱいいるけど、ジャッキーチェンさんかな。また会いたいです。彼は本当にスタントマンを使わないから、危険な目にたくさんあっていて、実際体中にボルトや鉄板が入ってるんですよね。以前お会いした時、私の手を持って自分の頭をコンコンって。本当に硬くて驚きですよ。『おーナオコさーん』なんて話しかけてくれてね」。

来年には映画ご出演もご予定されているとか。
「鉄拳のパラパラ漫画の実写版『振り子』に、商店街のタバコ屋のおばあちゃんの役で出演しています。ババアの役ばっかり(笑)。来年2015年は芸能生活45周年。アルバムや全国ツアーも予定しています。意気込み?いつも一生懸命だから、全力投球でやるだけですね」。

研ナオコさん、ありがとうございました。