12/19~12/23 飯田圭織さんの回

今週のゲストは歌手、タレントの飯田圭織さんです。
1981年8月8日北海道のお生まれです。1998年、16歳の時に中澤裕子さん、安倍なつみさんらとモーニング娘。オリジナルメンバーとしてデビュー。2001年からは2代目リーダーを務められ、2005年にモーニング娘。を卒業。その後は歌手、タレントとして活動されています。今年7月には最新アルバム「ONDAS」をリリースされました。

デビューの時のお話を聞かせてください。
「北海道出身で、15〜16歳でデビューが決まったので大人の社会が全くわからない中での状況でした。すべてが一人でのスタートだったから、ずっと描いていた夢が実現したものの、毎日泣いていましたね。モーニング娘。ってライバル同士で結成されたグループだったので、誰がセンターを取るか、などあったけれど、5人でいろいろなことを達成できた時にはともに喜びながら、1つに団結してきた、という感じでした」。

モーニング娘。卒業後もメンバーとは交流がありますか?
「はい!この写真は辻希美ちゃんの家でハロウィンパーティをやったとき。辻ちゃんの小学校3年生の娘さんもいるんですよ。それぞれのダンナさんも集まって“モーニング旦那”というユニットを結成したんです(笑)。旦那さん同士も仲良くなって。私は初期メンバーなのでメンバーはほぼ後輩。なんですがどうも同じ立ち位置に見られがちなのかな?中澤裕子ちゃんや安倍なつみちゃんは中澤さん、安倍さん、なのに私はカオリンって呼ばれていますから(笑)。そんなかわいい後輩たちからは彼氏や結婚の相談も受けました。今のところはみんな見る目があって、素敵なダンナ様ばかりですよ」。

3歳の男の子のママでもある飯田さんですが、子育てはいかがですか?
「先日3歳で七五三をやりました。地方によっては男の子は5歳がお祝いと言われていますが、かわいい盛りだし写真撮りたいなと。今日もスタジオの外を走っているのは、何を隠そううちの息子です(笑)野球が大好きなんです。昨年私が札幌ドームで始球式をやらせていただいたのですが、その時に観た試合で息子も野球好きに。家族で日本ハムファイターズの大ファンなんですが、最近では大谷選手の背番号11の数字を見るたびに、息子が『おおたに』って言うんですよ」。

お酒はいかがですか?
「大好きなんですが、今は子育ての最中なので、たまに飲むという感じです。ただ飲む時には飲みたいだけ飲む(笑)。元々お酒が大好き。主人も飲むので美味しいものをいただきながらお酒を楽しんでいたのですが、妊娠〜授乳期間があったので、幸せな毎日ながらお酒に関してはちょびっと我慢の時期が続いていました。なので卒乳してからお酒を再び飲み始めて『これこれ!』と(笑)。一緒に飲みたい人は、大好きな日本ハムファイターズの栗山監督です!インタビューでもいつも奥深いことをおっしゃいますよね。すごい方です。お酒をご一緒して、お考えやご経験を聞いてみたいです」。

リリースされましたアルバム「ONDAS」について聞かせてください。
「11年ぶりのソロアルバムなんです。“ONDAS”はポルトガル語で波、旋律という意味。ボサノバの名曲を原語でカバーさせていただきました。ブラジルの風景が目に浮かぶ1枚になっていると思います。レコーディングはすごく緊張しました!私どうやって曲覚えてたっけ?なんて。でもモーニング娘。の時にはつんくさんから渡された仮歌をまるまる完璧に覚えて再現するというふうに育てていただいていたので、その部分はできました!息子も『ママのCD聴く〜』と自分でプレーヤーを操作して聴いています。頑張ってよかったな!と思います」。

飯田圭織さん、ありがとうございました!