12/31~1/4 大野拓朗さんの回

松本:今週も常連客の春風亭一之輔さんと一緒に、素敵なゲストのお話を伺います!

一之輔:今回のゲストは、イケメン俳優の大野拓朗さんです。プロフィールをマスターから!

松本:1988年11月14日生まれ、東京都出身。2010年、立教大学2年の時、ホリプロ創業50周年記念事業として開催された新人俳優発掘オーディションでグランプリを受賞。同年、映画「インシテミル~7日間のデス・ゲーム~」で俳優デビュー。2018年の大河ドラマ「西郷どん」をはじめ、数々のドラマや映画に出演。2019年2月からはメガヒットミュージカル「ロミオとジュリエット」で主役のロミオを2年ぶりに再演されます。

一之輔:大野さんは、言われ慣れているでしょうけど、カッコイイですね~。

大野:うれしいです。自分に自信がないので、地道に頑張っています。

一之輔:顔がいいから、仕事はトントン拍子でしょう?

大野:いやそれが、誰よりも早くお芝居の練習に行って、誰よりも遅くまで練習しています。

一之輔:努力できるのも才能ですよ。大野さんは立教大学で、新設学部のコミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科で学ばれたそうで?

大野:はい、立教大学は池袋にあって、自宅も池袋に近くて、面白そうな学部ができるということで入学したのですが、入学した学部のキャンパスは新座で(笑)。僕は中学からバスケをやっていたのですが、スポーツ選手になれる器ではなく、スポーツ選手をサポートできるようなメディカルトレーナーを目指して、スポーツウエルネス学科に入学しました。それで授業が終わったら、スポーツクラブでアルバイトを。

一之輔:へぇ~、スポーツ漬けだったんだ。スポーツクラブではどんなことを?

大野:インストラクターで、スイミングのコーチも担当することに。

松本:スイミングも得意で?

大野:いや、そんなことないです。全種目泳げますけど。子供たちとお揃いの、ピチピチのブーメランパンツを半ケツ出しながらはくのがカッコイイとコーチの中ではいわれていて、半ケツ出しながら頑張っていました。未だに、そのジムに通っていたお客さんが、ミュージカルを見に来てくれます。

一之輔:ミスター立教ですから、水着姿も素敵だったでしょう。ミスター立教コンテストにはどんなきっかけで?

大野:実行委員長の女性から、「コンテストに出てくれなかったら、一生後悔する」と言われて。そこまで言われたら出てみようと。そのおかげで、今があるのかもしれません。

一之輔:バスケを中学、高校、大学と、今でも続けているそうで。そんなに楽しいの?

大野:ボールをキープできるのが面白いですね。

一之輔:お仕事でもバスケに関わっていますね。女子バスケのパイオニアである「大神雄子のラストデイ」という番組のナレーションを担当されたそうで。

大野:はい。大神さんは、アグレッシブでバスケが上手いという印象があったんですが、番組のナレーションを担当して、大神さんは優しくて、強くて、みんなを引っ張っていく力があり、器が大きいと感じましたね。感激して泣きそうになりながら、大神選手の素晴らしさをサポートできるようにと思いを込めて仕事をしました。

松本:東京オリンピックに向けて、スポーツに関連したお仕事が増えるといいですね。

一之輔:大野さんは雑誌「dancyu」の仕事で、菊正宗の酒蔵に行って酒造りを見たそうで。

大野:はい、それで菊正宗の大ファンに。酒蔵に入った瞬間、いい香りがして。僕、匂いフェチで、この香りが気に入りまして、毎日のように飲んでいます。

松本:さて、このほろよい亭のルールで、実現の可能不可能は関係なく、この人とお酒を飲みたい、という人をゲストの方にお聞きしています。大野さんが一緒にお酒を飲みたい人はどなたでしょうか?

大野:北大路欣也さんです。北大路さんとは、おじいちゃんと孫という設定で、お仕事をご一緒させていただいたことがあり、時々、連絡を取り合っていて、励ましの言葉をいただいていて。北大路さんの昔話がすごく面白いのです。高倉健さんとよく飲みに行って、一緒にジムに行った話とか・・・。北大路さんは伝説の人なんだなと思って、飲みながらお話を伺いたいですね。

一之輔:今年はミュージカル「ロミオとジュリエット」の再演が2017年に引き続き、2月から始まりますね! 

大野:はい、このミュージカルの初演を2011年に見に行って、はまってしまって、劇中歌が収録されているCDを買って、この仕事が決まるかどうか分からないうちから、6年間毎日、家で歌っていたんですよ。

一之輔:努力で仕事を勝ち取るタイプですね!  松本:2年ぶりの再演ということで、前回とはまた違うロミオが見られそうですね。大野さんが出演されるミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の詳細は、公式サイトをご覧ください。それではほろよい気分になりましたので、このへんで。