3/14~、長山洋子さんの回

今週のゲストは長山洋子さんです。1968年1月東京都生まれでいらっしゃいます。子供のころから民謡に親しみ84年にはポップアイドルとしてデビュー。その後93年にはアイドルから演歌歌手に転身、その後も幅広い層からの人気を獲得しご活躍中です。

昨年、初めてのお子さんを出産されました。
「初産は時間がかかるっていいますけど、私も16時間かかりました。身を削るような大仕事というのは本当ですね。でも出産後1カ月で復帰しました。劇場のお仕事だったのでずらせなくて(笑)。子供が予定より早く生まれてくれたので良かったのですが…。アメリカにいる主人もちょうど来日中で。生まれてから4日間くらい一緒に過ごすことができました。親孝行な娘です」。

先々週の藤あや子さんもそうだったのですが、長山さんも普段着はラフですね。
「そうですね。普段は着物を着ることもほとんどないです。今日もチノパンとパーカー。演歌歌手は意外とジーンズの方も多いです。ステージできちんと着物を着こなさなければいけない反動なのでしょうかね?私ははじめ、ジーンズがはきこなせない気がしていたんですが、あるとき“これが自分のスタイルだ”と思ってからはずーっとジーンズ。3~40本は持っています。でも出産で太ってしまったので、以前はいていたものがはけなくなったものも。これをすんなりはけるようになることが目標ですね!」。

さて長山さんは高校生の時からニッポン放送とご縁があるとか?
「はい。高校2年生の春に歌謡界に入ったので、制服を着てニッポン放送に通っていました。同じ時期には富田靖子さん、井森美幸さん、浅香唯さん、芳本美代子さんなどが番組をやっていましたね。井森は高校の後輩。芸能人腕相撲大会で決勝に井森と二人残って、結局私が優勝した、なんていう思い出もあります。三味線で腕は鍛えていたからかしら?」。

さて、お父さんが日本酒党ということですが。
「父は熱燗好きでした。私も少し大きくなったころから父の熱燗を作る係でした。私もお酒が好き。常温で日本酒を飲めるようになったときに“ツウだなあ~、大人になったなあ”と感じました。日本酒はいろいろと種類があるのでお料理に合わせて飲んでます。焼き鳥が大好きで近所の焼鳥屋さんはほとんど制覇しました。ここの手羽先がおいしいとか、全部言えますよ。主人はアメリカ人ですが食事には困らないです。何でも大好き。特に焼き鳥は『ヘルシーだね』といって喜んで食べてくれます」。

最後にこの人と飲んでみたい、という人は?
「森三中のみなさんと!番組で一緒になったときにご挨拶くらいはするのですが、腰を据えて話がしてみたいです。男性の前ではできないガールズトークをしてみたいですね」。

長山洋子さん、ありがとうございました。