2008年10月

10/27~ 浅田美代子さんの回

今回のゲストは、女優の浅田美代子さんです。

かつては大人気のアイドルだった浅田さん、『赤い風船』を歌われていた姿が昨日のことのように思い出されますが、今でもこの『赤い風船』を歌われることはあるのでしょうか?
「はい、打ち上げなどでカラオケに行った時には、みんなから”歌って!”とリクエストされて歌うことがありますよ」。

当時のアイドル仲間とは、今も会われるんですか?
「麻丘めぐみちゃんや石野真子ちゃんとはよく会いますね。麻丘めぐみちゃんとは一緒にお酒も飲みます。私は、お酒を飲むと明るくにぎやかになるタイプなので、いつも楽しくお酒を飲んでいます」。

その他にも芸能界のお友達で一緒にお酒を飲まれる方は?
「女優の樹木希林さん!デビュー以来仲良くさせていただいていて、樹木希林さんからはたくさんの影響を受けました。親子であるようなお友達であるような…気を遣わずにどんな話もできちゃいます。先日も二人でフグを食べに行って、ヒレ酒を飲んできました(笑)」。

現在公開中の映画『釣りバカ日誌19~ようこそ!鈴木建設御一行様~』にご出演中の浅田さん、あの”みち子さん役”はもう13年目にもなるそうですが、演じられていていかがですか?
「必ず年に一回、西田敏行さんやスタッフの方々とお会いできるので、とても楽しいんです。よく”お盆には田舎に帰る”なんてお話している人がいますけど、田舎のない私にとってはその言葉がとてもうらやましかった。でも今はこの『釣りバカ』の仲間や現場が私にとっての田舎のようなものなんです」。

これからはこんなお仕事をしてみたい、というような希望がありましたら教えてください。
「ないです(笑)!自分であれしたい、これしたいって考えるよりも、与えられたお仕事や監督のお話を伺って、私にはこんなことが求められているんだな…と考えることがとても楽しいですね」。

最後に”この人と一緒にお酒を飲みたい”という人を教えてください。
「こちらのオーナーの松本アナウンサー!アイドル時代からのファンだって言ってくださったので(笑)。私、飲んでいくうちにうるさくなってしまうかもしれないけど、ぜひよろしくお願いします!」。

浅田美代子さん、どうもありがとうございました。

10/20~ あびる優さんの回

今回のゲストは、いつも明るく元気なタレントのあびる優さんです。

現在22歳のあびるさん、これまでこのお店にご来店いただいたゲストの中で、最年少になりますよ。
「え~!そんなにシブイ番組だったんですか(笑)。呼んでいただいて光栄です!」。

お酒はお好きですか?
「そうですね、毎日いただくほど大好きです。日本酒って私にとっては大人のイメージ。そんな日本酒をおいしくいただけるようになって、私も大人になったなぁ…と感じます」。

こんな風にお猪口でお酒を飲まれることもあるんでしょうか?
「ありますよ。和食屋さんで食事をする時なんかは日本酒をいただきますし、先日も母と二人でフグを食べながら熱燗をいただきました。この『菊正宗』さんも、リアルに我が家に置いてありますもん(笑)」。

あびるさんの事務所の大先輩である和田アキ子さん、この方もお酒が大好きな方ですが、ご一緒されたりもするんですか?
「はい。お仕事の打ち上げや、バースデーパーティー、あとお正月にはアッコさんの手作りおせちやお雑煮をいただきながら、お酒を飲んだことがあります。
私自身も、お料理することはありますよ。現在は弟と住んでいるので、弟のために作ることが多いですね。カレーやシチュー、あとは二十歳になった弟がお酒のおつまみとして簡単にレンジで温めて食べられるようなもの…なんこつの唐揚げや小さなエビフライ!」。

バラエティやグラビアだけにとどまらず、最近では女優業も手がけられ幅広い活躍をされているあびるさんですが、今後の活動についてはどう考えていらっしゃいますか?
「奔放だった十代を終え、今は、例えば雑誌1ページにしても、じっくりと良く考えながら、責任を持って最後までやり遂げたいと思っています」。

最後に、”この人と一緒にお酒を飲んでみたい!”という人を教えてください。
「マネージャーです!とっても仲が良く家も近所なんですが、なかなか機会がないんですよねぇ」

意外にも家庭的な面を見せてくださったあびるさん。またいろんな一面を見せてくれるのを楽しみにしています。あびるさん、どうもありがとうございました!

10/14~ 城之内早苗さんの回

今週のゲストは、1985年におニャン子クラブのメンバとしてデビューされ、現在は歌手としてご活躍中の城之内早苗さんです。
城之内さん、お酒の方はお好きですか?
「大好きです。ありがたいですね、毎日こんなおいしいお酒が飲めるなんて。幸せってこんな所にあるんだなぁ…って感じます(笑)。
私は辛口が好きですね。父が日本酒好きで、私もそれがきっかけで初めて飲んだお酒は日本酒だったのを覚えています。
キャンペーンなどでいろいろな所に行っては、その土地その土地のお酒をいただいていますよ。…ん~、もう一杯!(笑)」。
過去には『酔わせてよ今夜だけ』というお酒にまつわる曲もリリースされた城之内さんですが、現在は通算19枚目となる曲、『この街で』を歌われていますね。この曲は2001年の『”だから言葉”松山市長賞』という賞を受賞したフレーズをモチーフに作られたものだそうですが?
「はい。”恋し結婚し母になったこの街で、おばあちゃんになりたい”…このフレーズがモチーフになっています。今は街の過疎化が進んでいたり、あらゆる事情でその土地を出て行かなければいけない、暮らしたくても暮らせない方がたくさんいらっしゃいますよね。そんな中で、一つの地で一生を終わらせることの難しさ、そして”一生を終わらせたい!”と思わせる街ってどんな所なんだろう…。こういう当たり前の幸せって、実はとても難しいものなんですよね」。
最後に、実現するしないは関係なく、城之内さんの”この人とお酒を一緒に飲んでみたい”という人を教えてください。
「チョウ・ユンファさん!もう、婚姻届を渡されたらすぐに印鑑を押しちゃうくらい大好きなんです。お酒があれば、言葉の壁もきっと乗り越えられるはずですよ!」。
城之内早苗さん、どうもありがとうございました。

今週のゲストは、1985年におニャン子クラブのメンバとしてデビューされ、現在は歌手としてご活躍中の城之内早苗さんです。

城之内さん、お酒の方はお好きですか?

「大好きです。ありがたいですね、毎日こんなおいしいお酒が飲めるなんて。幸せってこんな所にあるんだなぁ…って感じます(笑)。

私は辛口が好きですね。父が日本酒好きで、私もそれがきっかけで初めて飲んだお酒は日本酒だったのを覚えています。

キャンペーンなどでいろいろな所に行っては、その土地その土地のお酒をいただいていますよ。…ん~、もう一杯!(笑)」。

過去には『酔わせてよ今夜だけ』というお酒にまつわる曲もリリースされた城之内さんですが、現在は通算19枚目となる曲、『この街で』を歌われていますね。この曲は2001年の『”だから言葉”松山市長賞』という賞を受賞したフレーズをモチーフに作られたものだそうですが?

「はい。”恋し結婚し母になったこの街で、おばあちゃんになりたい”…このフレーズがモチーフになっています。今は街の過疎化が進んでいたり、あらゆる事情でその土地を出て行かなければいけない、暮らしたくても暮らせない方がたくさんいらっしゃいますよね。そんな中で、一つの地で一生を終わらせることの難しさ、そして”一生を終わらせたい!”と思わせる街ってどんな所なんだろう…。こういう当たり前の幸せって、実はとても難しいものなんですよね」。

最後に、実現するしないは関係なく、城之内さんの”この人とお酒を一緒に飲んでみたい”という人を教えてください。

「チョウ・ユンファさん!もう、婚姻届を渡されたらすぐに印鑑を押しちゃうくらい大好きなんです。お酒があれば、言葉の壁もきっと乗り越えられるはずですよ!」。

城之内早苗さん、どうもありがとうございました。