2009年1月

1/26~ リサ・ステッグマイヤーさんの回

今週のお客様は、タレントのリサ・ステッグマイヤーさんです。

お父様がアメリカ人、お母様が日本人のハーフでいらっしゃるリサさん。上智大学では日本語学を専攻され、そこで日本語を学ばれたとか?
「日本の大学を選んだのも、日本語が上手になりたかったから。でも、日本語は本当に難しいですよね。敬語だったり尊敬語だったり…。大学では古文も漢文も英語で学んでいたんですよ(笑)」。

更新は毎日されているというリサさんのブログですが、飼っていらっしゃるワンちゃんの話題が豊富ですよね。
「もう、本当にかわいいんです!ミニチュアダックスフンドを二匹飼っているんですが、まるで子供のよう。一緒に生活しているうえでは、もしかしたら旦那さんよりも扱いが上かもしれません(笑)。ものすごい数の写真も撮っていて、以前使っていたパソコンが、犬の写真が原因でパンクしちゃったほどです」

お料理上手のリサさん。お酒に合うおつまみのおすすめレシピを教えてください。
「日本酒にはやっぱり和食ですよね!今の季節だったら、大根をにんにくとオリーブオイルで焼いて、最後にお醤油をかけて食べる…。これはヘルシーで簡単、そしてとってもおいしいおつまみですよ」。

ランナー、トライアスリートとしても努力されていますよね。走ることへの挑戦は何がきっかけだったのでしょうか?
「トライアスロンをやったことを機に日々のランニングもはじめました。最初は走ることがとても苦手でしたが、自分の住んでいる町の写真を撮りながら走っていくうちにだんだん楽しくなってきて…。毎日違うコースを選んで走っては、新たな発見をして楽しんでいます」

最後に、“この人とお酒を一緒に飲んでみたい”という人を教えてください。
「プロゴルファーの石川遼くんです。まだお酒が飲めない年齢ですが、20歳になったらぜひご一緒したいですね。予約入れました!(笑)」

リサ・ステッグマイヤーさん、どうもありがとうございました。

1/19~ 山田幸代さんの回

今週のお客様は、プロラクロスプレーヤーの山田幸代さんです。

プロのラクロスプレーヤーとしては日本初の山田さん。ラクロスをはじめられたきっかけは何だったのでしょうか?
「高校では3年間バスケットボールをやっていました。3年連続で全国大会に行くなどしてかなり力を注いだので、大学に行ったら普通の女子大生になろうと思っていたんですが、やっぱり物足りなくなって…。国体の方でまたバスケをやりはじめた一方で、大学の友達がやっていたラクロスを紹介してもらい、たまたまバスケの練習時間と重ならなかったのではじめたのがきっかけです。私、それまでラクロスのことなんて何も知らなかったんですよ(笑)」

そんなラクロスの魅力はどんな所でしょうか?
「スピード感や相手との駆け引きはもちろん、私はまだこのスポーツに“形がない”所が魅力だと思ってます。ラクロスが日本にやってきて23年。カレッジスポーツと呼ばれ大学生が普及させようと頑張っていますが、自分たちの力で形にしていく、レールを敷いていく魅力を私も常に感じています。まだまだマイナーなスポーツですが、実際にたくさんの方にゲームを見てもらって、ラクロスの楽しさを私たちが伝えていけたらいいですね」。

さて、お酒はよく飲まれますか?
「はい!お酒を飲みながら枝豆を食べて、最後にお茶漬けでシメる…なんて最高ですね!お料理も自分でやりますよ。オーストラリアにいた頃も、よく日本を思い出しながらお料理していました。趣味はお料理と言っても良いほど!」

最後に、“この人とお酒を一緒に飲んでみたい”という人を教えてください。
「宮本武蔵です!あの男気、いいですねぇ。彼の言葉にはいつも感動をもらっています」。

山田幸代さんどうもありがとうございました。

1/12~ 根本美緒さんの回

今週のお客様は、フリーアナウンサーの根本美緒さんです。

2001年~2004年に東北放送のアナウンサーをされ、その後は気象予報士としても大活躍されている根本さん。気象予報士になられたきっかけは何だったのでしょうか?
「東北放送に入社した時に、アナウンス部の部長から『低気圧の説明をしてみて』と言われたんです。その時の私は『気圧が低いってことですね…』としか言えなくて(笑)もっと勉強しなければと思い、それがきっかけで資格を取りました。3年半かけて、受けては落ち、受けては落ち…6回目でのやっとの合格です。そして『朝ズバッ!』を担当させていただいてからもう4年。毎日2時半起きで、お肌ももうボロボロです(笑)」

仙台でお仕事をされていた根本さんですが、実はお生まれは東京だとか?
「そうなんです。東京の佃島、チャキチャキの江戸っ子ですね。もんじゃを食べて育ちました。あの下町の雰囲気や空気が落ち着くんですよねぇ」

ご自身でお料理はされますか?
「よくしますよ!夜は早く寝ないといけないので、夜ご飯を食べるのがいつも夕方の4時半くらいなんです(笑)。そうなるとどこもお店がやっていないんですよね。なので、お友達を呼んではいろいろなお料理に挑戦しています。お酒に合うおつまみも試行錯誤しながら作っていますよ」

ニッポン放送では、毎週日曜日『三宅裕司のサンデーハッピーパラダイス』のアシスタントとしてもおなじみですよね。三宅さんのアシスタントはいかがですか?
「三宅さんの右手にはいつもティッシュの箱があって、何かあるとパーンと叩かれるんです(笑)。三宅さんもお電話してくださるリスナーの方もとても楽しくて…。本当に自分が楽しみながらやらせていただいています」

最後に、“この人とお酒を一緒に飲んでみたい”という人を教えてください
「ぜひ、また『ひでとも』に呼んでください!いつも声を耳にしているお二人とこうしてお酒が飲めて、本当に光栄でした」

根本美緒さん、どうもありがとうございました