2010年2月

2/26に紹介されたお店(東京)

2/26に紹介された東京地区のお店は「上州屋<川崎>」です。

2/15~、藤本美貴さんの回

今週のお客様は、藤本美貴さんです。

北海道ご出身の藤本さん。先日、ご主人の庄司さんとご一緒に帰省されたとか?
「はい。結婚式をハワイで挙げたので、親戚全員が集まれなかったんですよ。なので、今回の帰省では親戚に会いに行って、ダンナさんと一緒にご挨拶しました。みんなでお酒を飲みながら、彼はちゃんと『幸せにします!』と言ってくれました」。

最近はお料理もされるという藤本さん。得意料理は?
「私は和食を作ることが多いですね。洋食はなんだかオシャレ過ぎて作れないんですよ。『この調味料、買ったとしても、次いつ出てくるんだ?』みたいな(笑)。彼はよく食べるんですけど、食べつつもあの体型は維持しなければならないので、なるべくヘルシーなものを心がけています。どうしても外食が多くなってしまうので、私が家で作る時くらいは…」。

そんな藤本さんの好物は何でしょう?
「焼き肉!レバ刺なんて、以前は一人で五人前食べちゃうくらいでした。今でも、二人前はペロリといけちゃいますね(笑)。私、基本的におつまみ食が好きなんです。たぶん飲んべぇなんでしょうね(笑)」。

ダンナ様と二人でお酒を飲んだりもされるのでしょうか?
「時間が合えば、そういう時もありますよ。彼は飲んでも変わらないけど、私は明るくなります。他にも二人の時間がある時には、一緒にマイケルジャクソンのDVDを観て二人で踊ったり…(笑)。時にはケンカもしますしね。でも、その度に話し合いをしてお互いを理解していっているので、ケンカすることも大事だな、と思います」。

最後に、“この人とお酒を一緒に飲んでみたい”という人を教えてください。
「いつか生まれるであろう、私の子どもと一緒に。私が母親になり子供が大きくなり、どんな会話をするんだろう…。とっても楽しみです!」。

藤本美貴さん、どうもありがとうございました。

2/8~、真琴つばささんの回

今週のお客様は、元宝塚トップスターの真琴つばささんです。

今年芸能生活25周年を迎える真琴さん。そもそも宝塚に入団されたきっかけは何だったのでしょうか?
「かの有名な『ベルサイユのばら』を観に行ったのが宝塚との出会いでした。小学校の時のお友達が大ファンで連れて行ってくれたんです。そこで“私はここに入るんだ”とすぐに思いましたね。自分の中で決め込んだんです。そこからは迷わずまっすぐ突き進みました!」。

真琴さんにとって宝塚とはどんな世界でしたか?
「私にはたぶん宝塚以外の違う人生ってなかっただろうな、と思います。宝塚があったから今の自分があるでしょうし。退団してから、もうお芝居をすることはないだろうと思っていた自分も、結局今こうしてお芝居をやらせていただいている…。やっぱり舞台に生まれた人間は舞台に帰るんですよね」。

今月14日に発売されたニューアルバムはどんな仕上がりになりましたか?
「宝塚時代の懐かしい曲もあり、新たにアレンジした曲もあり、私自身が作詞をした曲もあり…まさに芸能生活25周年を記念した、玉手箱のようなアルバムです。ファンの方々のリクエスト曲で構成されているので、みんなで作ったアルバムとも言えますね」。

アルバムの他にも25周年記念の企画は盛りだくさんだとか?
「まず今回のアルバムに続き、第二段のアルバムも予定していますし、次にはコンサート、さらにフォト&エッセイの発売も決まっています。欲張って何でもやりますよ!」

最後に、“この人とお酒を一緒に飲んでみたい”という人を教えてください。
「マドンナとぜひ!先日ライブDVDを観たんですが、年齢を感じさせないものすごいパフォーマンス!自分に元気をくれる人です」。

真琴つばささん、どうもありがとうございました。