2011年2月

2/14~、三倉茉奈・佳奈さんの回

今週のゲストは三倉茉奈さん、佳奈さんです。
1986年2月23日大阪府生まれでいらっしゃいます。茉奈さんがお姉さん、佳奈さんが妹さんの双子の姉妹でいらっしゃいます。NHKドラマ「ふたっりっ子」で主演され国民的アイドルに。その後も舞台・ドラマ・CMなど幅広い分野でご活躍されています。

性格はお二人似てらっしゃるんですか?
茉奈「いえ、違いますね~。私は姉なんですが実は一人では決められないタイプだったり。特にプライベートではなんでも佳奈にゆだねてます(笑)。買い物に行ってもそうですね」。
佳奈「私はどちらかというと自分で何でもやるタイプで。勉強もコツコツやるほうなんですが、学生のころ気が付いたら茉奈が私のノートを寝ている間にコピーしていたことがあってびっくりしたことが!」
茉奈「1回だけですよ(笑)。だって、佳奈のほうがまとめるのが上手だから…」。

お酒をお二人で飲むことはあるのでしょうか?
茉奈「スタッフさんたちと打ち上げで、というパターンは多いですが…」
佳奈「年越しのカンパイ、は二人ですることが多いですね!今年のお正月は家族で日本海のほうに旅行に行って。この旅行は茉奈が全部仕切ってくれたんですよ」。
茉奈「友人が旅行会社だったので頼りきって(笑)。旅先ではカニづくしでおいしかったです~。日本酒にも合いますよね。残念ながら甲羅酒はしませんでしたが…」。

お酒に合う料理と言えば、最近豆乳鍋をされたとか。
佳奈「できあいではなく、豆乳を味付けしてお野菜や鶏肉のお団子を入れて、とてもおいしかったです」。
茉奈「三倉家では夏でもお鍋、するんです。水たきでもキムチ鍋でも。暑い時に熱い鍋、がいいんですよ!」。

間もなくお二人とも25歳ですが、お気持ちは?
茉奈「24歳とは違った重みがありますね。四捨五入すると…ということも大きいかも(笑)。今まで以上に責任感を持ってお仕事に取り組みたいと思っています」。
佳奈「周りは結婚ラッシュですが…もしも結婚してもさみしくはないですね。私たちはもし離れても仲良くできますしね」。

最後にこの人と飲んでみたい、という人は?
佳奈「同じ双子の大先輩、ザ・ピーナッツのお二人です。いろんなお話が聞きたいですし、尊敬してます!」。
茉奈「河島英五さん。以前共演した時に私たちに『歌を歌ってみたら?』と勧めてくれた方です。今は天国の河島さんですが、“歌のお仕事していますよ”って報告したいです」。

三倉茉奈さん・佳奈さん、ありがとうございました。

2/21の週のゲストは増田明美さんです。

菊正宗ほろよいイブニングトーク、2/21の週のゲストは、増田明美さんです。

プロフィール:
1964年千葉県出身。82年にマラソンで日本最高新記録を作る。84年のロス五輪でメダルが期待されたが無念の途中棄権。92年に引退。スポーツジャーナリストとして、執筆活動やマラソン中継解説など幅広く活躍。また大阪芸術大学教授でもある。

増田明美さんHP:http://www.akemi-masuda.jp/profile.html

2/7~、島谷ひとみさんの回

今週のゲストは島谷ひとみさんです。
1980年9月広島県呉市のお生まれでいらっしゃいます。99年デビュー、「亜麻色の髪の乙女」が大ヒットし一躍トップアーティストに。その後も幅広い作品を発表されています。またミュージカルなどで女優としてもご活躍中です。

「小さい時からテレビのコマーシャルに合わせて歌ったり踊ったりすることが大好きだったんです。思えばずっと“歌手になる”と考えていましたね。それが高校生の時に具体的に動き出すんですが…。父も姉も歌が大好きで、いろんな情報を私に教えてくれていました」。

カバー曲について、島谷さんは『ビンテージ』や『骨董品』にたとえられていますよね。
「はい。いいものはなんでも世代を超えて伝わっていくものだと思うんです。私もそのビンテージを歌い伝えていく懸け橋になれたらいいな、と思っています」。

ご出身の広島県呉市はどんなところですか?
「自然豊かな素敵なところです!呉市って、たくさんの島が合併してできたところ。名前に“なになに島”ってつかないから知らない方も多いと思うんですけど。見どころもたくさんありますよ。『大和博物館』があったり平清盛公がまつられていたり。呉市は歴史を感じながら自然も楽しめるという感じでしょうか?おいしいものも多いです。カキは有名ですよね。お好み焼きというイメージもありますが、実は自宅でお好み焼きを作るときは関西風なんです。広島風は火力が必要なんですね。クレープ状の生地の上にたっぷりのお野菜を乗せて焼くので。地元では広島風お好み焼きは出前をとります。これもあまり知られていないですよね(笑)。東京に出てきてからはあまり作っていません。専用のカツオの粉やお好み焼き用の麺など、東京では手に入らない材料が多いんです。でもお酒に合いますよね~」。

同じ事務所の小泉今日子さんや小池徹平さんとご一緒に飲みに行かれたということですが、小池さんいわく小泉さんも島谷さんもお酒が強かった…とのことですが。
「そうですね。どちらかというと、夜は私たちのほうが男前(笑)。小泉さんには負けますけれど。その日は本番を終えてから飲みに行ったのに、小泉さんは強かった!お酒はコミュニケーションが取れますしいいですよね。私は一番最後まで残りたいタイプ。いい話がもしあったら…と思うと聞き逃したくなくて」。

ご実家でもお酒を飲まれたりしますか?
「父がテレビの旅番組を見ながらお酒を飲むのが好きで。先日帰った時もそれにつきあいました。ちびちびお酒をいただきながら『お父さん、ここに行きたいな~』なんて話すので『じゃあ行こう行こう!』って」。

最後にこの人と飲んでみたい、という人は?
「映画“HOLYDAY”のジュード・ロウさんです。大好きなんです。あえて日本のお酒を一緒に飲んでみたいですね。今英会話も習っているんです。ジュード・ロウさんのため…ではないですが、あわよくば(笑)」。

島谷ひとみさん、ありがとうございました。