2013年2月

3/4~3/7のゲストは芳本美代子さんです。

菊正宗ほろよいイブニングトーク、3/4~3/7のゲストは芳本美代子さんです。

プロフィール:
1969年山口県出身。1985年テイチク「白いバスケットシューズ」で歌手デビュー。
同年「サーフ・ウィンド」でアルバム・デビュー。
1990年ミュージカル『阿国』に出演し、ゴールデンアロー賞演劇新人賞受賞。
以降歌、TV、映画に活躍。主な映画作品に『裏ゴト師』『ウルトラマンティガ』、
TV出演に『パパはエステティシャン』『月とスッポン』『ママまっしぐら!』など。

芳本美代子さんHP:http://ameblo.jp/yoshimoto-miyoko/

菊正宗の飲めるお店紹介 「葡萄屋 大森店」

2/22(金)ご紹介したお店は 「葡萄屋 大森店」さんです。

「葡萄屋(ぶどうや)大森店」
住所:〒143-0023 東京都大田区山王3-29-3
電話:03-3775-3333

2/18~2/21 菊川怜さんの回

 今日のゲストは菊川怜さんです。東京大学工学部建築学科を卒業後、ドラマや映画で活躍、最近ではCMやバラエティにもご出演されています。
また「真相報道 バンキシャ!」で7年間キャスターを務められたのち、フジテレビ「とくダネ」のキャスターとして現在8カ月目になります。

『とくダネ』での初仕事はチャドの取材でしたが、キャスターという仕事に関してどうとらえていますか?
「むずかしいですね。思いだけでなく、自分の目で見た真実を伝えることも“伝える”ことに入ることを知りました。海外での話題などは距離の遠い話に感じるかもしれないけど同じ地球上で起こっていること。宇宙時間で見たらごく身近なことなんですよね。戦争も、環境問題も、私たちが明日明後日を平和に生きて行くために考えなきゃいけない“自分ごと”だと思います」。

東大建築学科卒業の菊川さん、受験勉強の極意があるとか。
「①一歩ずつ上に行くことを意識する②停滞する時も大切な時間、底力がたまっているとき③自分を冷静に分析し、基礎力を磨く④結果重視ではなく目の前のことを精いっぱいやる⑤集中できる環境を整える⑥自分の好きなものから取り組んでいく、です。受験は科目も分野も膨大だから嫌にならないように一歩ずつ。そして結果は遅れてやってくるから止まっている感じの時も焦らずに。次に、勉強した気になっただけで実は基礎が理解できていないこともあるので自分を冷静に分析すること。受験は日々の積み重ね。焦らずマイペースで。環境、というのは私も家ではごろごろしてしまうので図書館に行って勉強をするようにしていました。最後に好きなものに取り組むのはモチベーションも上がるし、楽しいですよね」。

お酒のお話をお聞きします。以前あの立川談志さんとお酒を一緒に飲まれたことがあるとか?
「10年以上前にテレビのお仕事でご一緒したことがきっかけで、銀座にある談志師匠行きつけのお店に連れて行っていただいたんです。いろんなお話を聞かせていただきお酒も飲んだのですが、当時大学を卒業したての未熟な私にはちんぷんかんぷんなお話で(笑)。今お酒をご一緒できるならぜひ談志師匠と行きたいです。今ならあの頃よりはお話を理解できるのではと思うので」。

『とくダネ』キャスターとして8カ月、現在、そしてこれからどうですか?
「現在は試行錯誤の連続ですね。毎日が違いますし時間もなく。これからキャスターとしては、自分の視点で物事をとらえるということを大切にしたい。慣れてしまうと、例えば一つの問題に対して『こういう場合はこうだから』と本質を疑わなくなってしまうと思うんです。そんなとき立ち止まって自分に落とし込んで考えてみる。そしてこの問題の本質は何だろうと自分に問うようにしています。今までやらせていただいた海外の公的機関でのお仕事の経験も、今身になっていると感謝しています。女優としては、本当は面白いものが好きなのでコメディをやってみたいです。あとは自分のイメージじゃないもの…例えば悪役とか。普段言えないようなことをセリフで言ってみたいですね」。

菊川怜さん、どうもありがとうございました!