2015年3月

3/16~3/20 南野陽子さんの回

今週のゲストは南野陽子さんです。
6月23日、兵庫県のお生まれです。1985年、18歳のバースデーに「恥ずかしすぎて」で歌手デビュー。「スケバン刑事Ⅱ 少女鉄仮面伝説」で主演され、CMやグラビアで一躍トップアイドルに。その後女優としても200作以上の作品にご出演され、活躍されています。

デビュー当時のお話を聞かせてください。
「デビュー曲、本当は『天使のハンカチーフ』というタイトルだったんですけど、レコーディングスタジオで作詞家の方があまりに恥ずかしがる私を見てタイトルを変えたんです。歌手になれるなんて思ってもいなかったので、芸能界は見学というような気持ちでした。ニッポン放送で○○さんに会った、なんて当時の日記に書いているくらい。実は私は芸能界には不向きだなと感じていました。当時は知っている事も知らないと言ったりして、自分から芸能界に合わせにいっていたかもしれません。でもその中でも私は反抗したり説明を求めたりしていた方だと思います」。

ニッポン放送でもラジオをやられていましたね。
「『ナンノこれしきっ』を1986年からやらせていただいていました。日曜の深夜放送だったんですよね。台本は原稿用紙1枚にコーナータイトルが書いてあるだけ。あとはフリートークでと言われびっくりしました。初めはうまくしゃべる事ができず、収録に時間もかかったので、ラジオには育てていただいた、という感じがしています。あのイチロー選手もラジオ聞いてた、と言ってくださって。『スケバン(刑事)みてたよ』と言われるよりも、ラジオ聞いてたよ、と言われる方がうれしいんです。ラジオって私の本音や本質が出せていたと思うので」。

お酒はお好きですか?
「お酒の雰囲気が大好きなんです。そんなにたくさんはいただけないけど…。ロケなどでいろんな場所に行く機会も多いので、そういうときはおいしいものを食べるのも楽しみですよね。最近は初めて川越に行く事があって、いいなと思いました。好きな食べ物はお米。食べる事が大好きなので、お料理もしますよ。誰と飲みたいか?う〜ん、私の活動を全く知らない人とか、外国の方、かな。失礼があってももう会う事もないじゃないですか(笑)
例えばジュリア・ロバーツさんとか。年齢も同じくらいなんです。お仕事や外国のお話も聞けるしね。私はお酒を飲むと陽気になります。そして明るく失礼なことを言っちゃう(笑)」。

なかにし礼さんのトリビュートアルバムにご参加されていますね。
「はい。たくさんの大女優さんが参加されているアルバムです。私は菅原洋一さんの『知りたくないの』を歌わせていただきました。なかにしさんからこれを、と言われた歌をイヤ、と断って(笑)この歌を選ばせていただいたんです。レコーディングでは『ナンノの好きなように歌ってよ』と言われたので歌ったら『こうくるか!』と驚かれていましたね。テーマは“すたれる”。女性として枯れた感じ、がんばりすぎない感じを表現したくて。お仕事ではファッションブランドのデザイン『アクトレスプリンセス』もやらせていただいています。歌の衣装も自分でデザインさせていただいていたくらい、デザインが好きなので。自分のブランドを来ている方を街で見かけると、握手しにいきたくなるほどうれしいですね」。

南野陽子さん、ありがとうございました。

3/9~3/13 中村江里子さんの回

今週のゲストはフリーアナウンサーの中村江里子さんです。
1969年東京のお生まれ。1991年フジテレビにアナウンサーとして入社、「とんねるずのみなさんのおかげです」をはじめ、数々の人気番組にご出演。1999年にフジテレビを退社後はフリーアナウンサーとしてテレビや執筆活動、講演会などで幅広く活躍されています。
また2001年にご結婚、パリに生活拠点を移されました。現在10歳7歳4歳と3人のお子さんのママでもあります。

アナウンサーになるきっかけは?
「実は私、就職活動に行き詰まっていたんですね。そんなときに知り合いの方が『アナウンサー試験を受けてみたら?』と勧めてくれて。同期に近藤サトがいるのですが、サトは報道志望で大学時代からちゃんとアナウンスの勉強をしてきていたんです。流れで入社できてしまった私とは対照的だったので、お互いのないところを真似し合うような関係でした」。

フランス人の旦那様との出会いはどんなものだったのですか?
「3回の偶然が重なったんです。初めての出会いは、彼が仕事で日本に来ていたときに都内のホテルのエレベーターで偶然乗り合わせたんです。身長が195センチもあるので、大きな方だなあという印象がありました。2度目は私が夏休みに一人でパリに旅行に行ったとき、現地に住む友人と入ったブティックで。3度目は日本のお料理屋さんで、彼から『僕の事憶えていますか?』と。そこから二人でお食事に行くようになって今に至ります。当時、結婚するかどうかはわからないけれど、長く一緒にいる人だな、という風には感じていました。初めてお食事したときに日本でよく話すような気軽な感じで『血液型何型?』と訊ねたんです。そうしたら彼が一瞬ハッと固まってしまって。どうもフランスでは血液型の話をするときは病気になったときか結婚するときだそうで、初めての食事のときから私が結婚を切り出したと思って、びっくりしたんだそうです(笑)」。

フランスでも日本酒は飲まれているんでしょうか?
「日本酒ブームと言ってもいいかもしれません。和食のお店には必ずありますし、日本酒バーもある。フランスの友人も日本酒が大好きです。主人と一緒に飲む事も。彼、お酒は強いのですが、千鳥足になったのを見たのは日本酒を飲んだときだけです。おいしくてついつい飲んでしまいますもんね。一緒にお酒を飲みたい人は、B’zの稲葉さん!憧れです。パリの家にもCDがあって、彼も一緒に歌ってくれたりしますよ」。

ご執筆された本『パリのデイリースタイルSaison d ‘Eriko Vol.2』が発売されるんですよね。
「はい。私の目線でパリだけではなく日本のいろんな場所もガイドしてあったり、春夏に向けてのファッションやお料理、お作法なども掲載しています。例えば人のお宅に招かれた時の心地よい作法は…など。水谷豊さんとの対談もあります。すごくすてきな方でした!」。

中村江里子さん、どうもありがとうございました。

3/16~3/20のゲストは 南野 陽子 さんです。

菊正宗ほろよいイブニングトーク、3/16~3/20のゲストは 南野 陽子 さんです。

プロフィール:
1967年兵庫県生まれ。
ドラマ「スケバン刑事Ⅱ少女鉄仮面伝説」で主演を努め、国民的アイドルに。
以来数々の映画、テレビドラマに出演。
「寒椿」「私を抱いてそしてキスして」では日本アカデミー賞主演女優賞他多数の栄冠に。
歌手としてのヒット曲も数多く、CM、舞台、ラジオ、雑誌での連載など多彩に活躍。

南野陽子さんHP