2016年2月

2/15~2/19 新田恵利さんの回

今週のゲストは歌手でありタレントの新田恵利さんです。
1968年3月埼玉県のお生まれです。1985年、当時の10代に圧倒的人気を誇った伝説の番組『夕焼けニャンニャン』から誕生した女性アイドルグループ『おニャン子クラブ』の会員番号4番として、芸能活動を開始され、その後社会現象にもなりました。その中でも新田さんはグループの絶対的エースとして抜群の人気を誇りました。デビュー曲『冬のオペラグラス』はオリコン初登場1位を獲得、現在はドラマ、舞台また執筆活動もされています。

『夕焼けニャンニャン』、伝説の番組ですよね。
「学校の帰りに番組に出て…という生活。部活をやめた子もいましたね。グループからのソロデビューは3人目ですが、実は1回パスしてるんです。忙しくなるのもいじめられるのも嫌だったので(笑)」。

当時の衣装も印象的ですよね。
「セーラーズやヒップスロード、みんな買いにいってくれていましたよね。私たちが一度着た物はいただけるんですけれど、それを着て外に出るわけにはいかないのでだいたい皆親戚にあげるなどしていました。私もプライベートは地味にして、人のいない場所に行っていました。司会の片岡鶴太郎さんや曜日レギュラーのとんねるずさんは裏表のない方々。とんねるずさんは若かったし、裏でも番組でもイケイケでしたよね。いろいろな大人に囲まれて、私が思っていたことは“この業界の人とは絶対に結婚しないぞ”ということでした。それもあって、まみちゃん(高井麻巳子)が(プロデューサーの秋元康氏と)結婚した時には本当に驚きました。スポーツ新聞で知ったんですよ!」。

ニッポン放送でも当時番組をやられていましたよね。
「制服でスタジオに来ていましたね。でも当時から物申したいことがあったんです。他のこの番組タイトルはかわいいのに、私の番組は『新田恵利のみーんなわがまま』。どうして?って思っていました。確かにわがままでしたけど(笑)。ラジオでのおしゃべりは大好きでした。本音が言えるから。マイクに向かって話すのは、テレビの生放送で慣れていたので緊張しませんでしたよ」。

お酒についてお聞かせください。
「私は時間が合わず参加できなかったんですが、おニャン子のメンバーでのランチ会が先日あったんです。後日聞いたら、お昼からお酒を飲んでいたとか…。(国生)さゆりちゃんはお酒強いですね。昔は年の差やグループ加入タイミングの差でお話しないメンバーもたくさんいましたが、時と共に境遇も変わってきているので、共感し合えるようになったりして、大人になってからの方がみんな仲良くなった気がします。“実はあのとき…”なんていう話もありますよ。例えば、あるメンバーは新たにメンバーとして入ってきた子に『海外に撮影に行く時は下の毛を剃らなきゃいけない』と嘘のルールを教えたりしていたらしく(笑)。からかうつもりだったらしいのですが、後輩は真剣に悩んじゃいますよね。一緒にお酒を飲んでみたい相手は紫式部。私も本を書くので、そんなお話を聞いてみたいです」。

介護についてのご活動もされていますね。
「はい、一昨年秋に今87才の母が骨粗しょう症による背骨の圧迫骨折で寝たきりになってしまったんです。動けない、というだけで、頭もはっきりしていますし内蔵も元気なんですが。時々私が忙しくバタバタしていると『お母さんがやっとくから!…あ、できないか』なんていうような、明るい母です。年をとると日々体調の変化がめまぐるしく変わるので、そのアップダウンには気をつけています。介護についての講演も47才にして初めてやらせていただきました。武道館ソロコンサートを体験している私ですが、その時の100倍緊張しました!今後も講演の予定があります。活動はブログ“新田恵利のKIND CARE”でもご覧いただけますので、ぜひ見てください」。

新田恵利さん、ありがとうございました!

2/8~2/12 みかんさんの回

今週のゲストはものまねタレントのみかんさんです。
1984年2月24日愛媛県のお生まれの31歳。芸名のみかん、はご出身地にちなんでつけられました。学生時代から積み重ねたものまねのレパートリーは歌まねからアニメまで幅広く、その数なんと50以上。プライベートでは男の子1人のママさんでもあり、これから“ものまねママタレント”として活躍が期待されています。

ものまねタレントを目指したきっかけは?
「私自身がものまね番組が大好きだったんですよ。幼い頃は母がテレビで見ているのを一緒に観ていましたが、中高生では自分で録画して必ず観ていました。先生のまねやドラマの主人公のまねに、友達が笑ってくれることが快楽で。デビューから7〜8年は歌まねをやっていたんですが鳴かず飛ばずで…途中でやっと気づいたんです『私、歌唱力がない!』って(笑)。その後女医の西川先生の顔そっくりでテレビに出させていただいてから、今に至ります」。

土屋アンナさんのものまねも有名ですが。
「アンナさんのものまねは、私の中でもターニングポイントなんです。ラジオをお聞きでこのものまねがわからない方、ネットで引いてみてくださいね。全然似てませんから(笑)。一歩間違うとクレームがくるようなものまねなんですけど、アンナさんという人はすごい人で。一番初めは番組でご一緒させていただき『ちょっと似てるー!いいんじゃない?』ということを言っていただいた後共演も増えてきました。その後、あの!“TOKYOガールズコレクション”からオファーが来て、3万人の前で緊張しながらも『せっかくだから楽しまなきゃ』とランウェイを歩いていたら、ぴたりと音楽がやんで…なんと目の前に本物の土屋アンナさんが登場!ドッキリだったんですよ。嬉しくて嬉しくて、ランウェイの上で泣いてしまいました!」。

お酒はいかがですか?
「好きです。声をつかう仕事なので、あまり普段は深酒をしないように心がけていますが、飲むと決めたらたくさん飲みます!今年私は本厄の年なのですが、故郷では厄年には同級生で集まる恒例行事があるので、みんなで集まってお酒を飲みました。特に誰もリクエストしてくれませんでしたが、一人でものまねで校歌を歌ったりしました。一緒にお酒を飲みたいのは漫画家の鳥山明さん。ドラゴンボールが大好きなんです!どんな思いで描かれたか、など聞いてみたいです」。

松嶋尚美さんのものまねはみかんさんの代表作ですよね。
「ご本人もVTRで私のものまねを観てくださった時に『鳥肌立ったわあ〜』って言ってくれて。でもものまねするために今でもチェックは続けいるんです。声帯も変わっていくし。ものまねは輪郭が似ていると声帯も似るので、誰にでもできるんです。今後は保育園などで子供に喜んでもらえるようなアニメネタとか、やって行きたいですね。子供は正直なので、似てる似てないをはっきり言ってくれるんです。そして子供さんにウケるとお母さんが喜んでくれて、そうするとお父さんも喜んでくれる…つまり子供さんを喜ばせることはファミリーを幸せにすることなんです。自分も子供がいるので、こうした活動を広げていきたいなと思っています」。

みかんさん、ありがとうございました!

2/15~2/19のゲストは 新田 恵利 さんです。

菊正宗ほろよいイブニングトーク、2/15~2/19のゲストは 新田 恵利 さんです。

プロフィール:
1968年埼玉県出身。
1985年、おニャン子クラブ会員番号4番として「夕やけニャンニャン」(フジテレビ)でデビュー。
86年には「冬のオペラグラス」でソロデビューし、オリコン初登場1位を獲得。
結婚後の現在はタレント・女優として活動している。

新田恵利さんHP