11/28~12/2 森山愛子さんの回

今週のゲストは演歌歌手の森山愛子さんです。
1985年1月、栃木県宇都宮市のご出身です。2004年「おんな節」で演歌歌手としてデビュー、その年の日本有線大賞や日本レコード大賞では新人賞に輝きました。
2005年からは7年間、情報番組「王様のブランチ」のレポーターとしてもご活躍。今年9月にはおよそ3年ぶりとなる新曲「待ったなしだよ人生は」をリリースされました。

芸名の名付け親が、あのアントニオ猪木さんだとか?
「そうなんです。デビュー前に猪木さんの事務所でアルバイトをさせていただいていたご縁で。やっぱりデビューするにあたって、社会を知らなくてはいけないということで社会勉強の一環としてお茶くみや電話受けなどやっていたんです。“森や山、自然を愛する子”という意味で森山愛子、とつけていただきました。デビュー前日のイベントでは猪木さんも来てくださって、ビンタしていただきました!打ち合わせではレコード会社のスタッフの方が、という話だったのですが、本番でいきなり私にビンタを…。そのおかげでたくさんのメディアの方に取り上げていただくことができたんですが(笑)」。

デビューのきっかけは?
「小さい頃から歌が大好きで。初めて歌ったのは2歳と聞いています。母が北島三郎さんが大好きで、よく車で聴いていたら私がいきなり歌い始めたんだそうです。高校1年生の時に家族が私に内緒でテレビ番組の『女ののど自慢』コーナーに応募したのが、歌手になるきっかけです。そのとき審査員としていらした作曲家の水森英夫先生に声をかけていただいて3年9ヶ月のレッスン期間を経てデビューしました。先生のレッスンはまずは1時間くらい発声練習。そのあと懐メロを歌うんです。音域もいろいろですし、時代背景もうかがうことができる懐メロはとても勉強になるんです。あるとき先生が『君のために歌を作ったよ』と言って聴かせてくださって…言葉にできない嬉しさでした。信じてやってきてよかった!と思いましたね」。

世界的なアーティストとのエピソードをお持ちだとか?
「レポーターとつとめさせていただいていた『王様のブランチ』で、シンディ・ローパーさんと“一緒に夜遊び”する企画があったんです。最後にライブハウスに行って、ピアノを弾いていただきながら『赤とんぼ』を歌ったんです。そうしたらシンディ・ローパーさんがうるうるして。『発声の技術が素晴らしい』と言ってくださったんです。先生も発声が大切という教えだったので、訓練が活きたととても嬉しい思いでした。『赤とんぼ』は名曲ですよね。おこがましいかもしれませんが、名曲を歌い継いでいきたいと思っています」。

お酒はお好きですか?
「大好き!一人でも飲みますよ。なんとか横丁、みたいな場所にも行きます。好きなおつまみは夏はホヤ。殻付きで買って自分でさばくんです。今年の夏だけでも100個は食べました!冬はナマコ。これも1匹丸ごとを自分でさばくんですよ。コノワタもちゃんと出して。お酒が進むんですよ!一緒にお酒を飲みたいのは明石家さんまさん。番組でインタビューさせていただいたことはあるんですが、どんな飲み方をするのかな?どんなお話をされるのかな、と興味津々です。さし飲みは緊張しちゃうなあ〜」。

新曲「待ったなしだよ人生は」についてお聞かせください。
「約3年ぶりなんです。前作、前々作としっとりした歌謡曲風だったのですが、今回は演歌の王道を行く曲です。実は3年もあいたから、『愛ちゃん、歌手やめちゃったの?』と聞かれることもあったので、自分では再デビューの気持ちでこの歌を歌っていこうと思っています。同じ事務所の坂本冬美さんのカバーです。冬美さんには『きれいに歌わなくていいから。ブラック愛ちゃんを出してね』とアドバイスいただきました!」。

森山愛子さん、ありがとうございました。