2017年1月

1/23~1/27 田中道子さんの回 

今週のゲストは女優の田中道子さんです。1989年8月、静岡県生まれの27歳。身長172センチと長身です。23歳のとき現在の事務所にスカウトされモデルとして活動をスタート。ミスワールド2013の日本代表に選ばれました。モデル活動と並行して演技のレッスンを受け、昨年秋放送の人気ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」で女優としてデビュー。病院長役の西田敏行さんを惑わす魔性の美人秘書を演じて一躍注目を集めました。今年は更なる活躍が期待されています。

ドラマでは西田敏行さんを惑わす美女ということでしたが…
「実際におじさまが大好きです。『ドクターX』もダンディなおじさまが多くて。かっこ良くて余裕と茶目っ気があって。皆さん優しくしてくれました。演技は上京した4年前からレッスンはしていたのですが実際のデビューは昨年のドラマでした。演技のお仕事は自分には遠い世界の話しだと思っていたので、現場の前には不安も大きくて眠れませんでした。共演させていただきました女優のみなさんもすごく優しかったので、リラックスして臨めました」。

ミスワールド2013のお話を聞かせてください。
「地元・浜松で大学に通い建築の勉強をしていたので、これから建築の仕事をするぞ、という時期に知人の紹介でミスワールドのお話があって。受けてみたら日本代表をいただいてしまいました。小さい頃から海外への憧れがあったんです。建築を目指したのも世界の都市開発をしたかったから。ミスワールドは最終選考の前に1ヶ月間インドネシアで部門ごとの選考、というかたちで毎日オーディションがあるんです。そのために筋トレや食事の工夫など、頑張っていました。宿泊のホテルは全員ミスのエントリー者。夢のような景色ですよね(笑)」。

プライベートでは趣味がおありだとか。
「ピアノです。3歳から習っています。ピアニストになるのが夢だったくらい。上京した時もベッドより先にピアノを買いました。あとは筋トレも趣味ですね。悩んだら筋トレ!最近のマイブームは“ながら筋トレ”。シャンプーしながらスクワット、とか。決して人には見せられない姿ですけれど(笑)」。

お酒にまつわるお話を聞かせてください。
「お酒を飲む場が好きですね。強い方だと思います。人生で1度、酔いすぎたことがありまして、それはミスワールド1ヶ月のインドネシア滞在の最終日。滞在中はお酒が禁止なんですが、最終オーディションが終わった最終日は大判振る舞いでお酒も解禁なんです。その時は世界各国のライバルだった子もみんな友達になって、乾杯乾杯!だったんです。ドラマの打ち上げもありました。西田敏行さんにデュエットしていただいたり。一緒に飲みたい人は…マツコデラックスさん。好きなんですよね〜。私は年の離れた兄と姉がいるので、姉御のように叱ってもらいたいんです。あとは芸能界で生き残るコツもお聞きできたらいいな」。

その美貌を維持する秘訣があれば教えてください。
「ストイックになりすぎないことでしょうか。ストレスは一番良くないんです。家に体重計もありません。毎日鏡で素っ裸を見てチェックするんです。毎日見ているのでちょっとした体型の変化にもすぐに気づくんです。今後の目標は、女優としていろいろな作品に出させていただきたいなと思っています。女優のスタートは遅いですし、建築士を目指していたくらいなので普通じゃない入り方をしているんですよね。そのことに悩むこともあったけど、逆に“枠にはまらない”まっさらな気持ちでお仕事をできたらと考えています」。

田中道子さん、ありがとうございました!

1/30~2/3のゲストは 永尾 まりや さんです。

菊正宗ほろよいイブニングトーク、1/30~2/3のゲストは 永尾 まりや さんです。

プロフィール:
1994年神奈川県出身。
2009年AKB48第9期研究生オーディションに合格し所属。
2016年にAKB48を卒業。
女優、モデル、タレントとして幅広く活躍。

永尾まりやさんHP

1/16~1/20 矢部美穂さんの回

今週のゲストはタレントの矢部美穂さんです。
1977年6月7日北海道は旭川のお生まれです。1992年、数々の女性アイドルを世に送り出したアイドル雑誌『Momoco』のオーディションで12000人を超える応募の中から4代目グランプリに選ばれ、芸能界デビュー。グラビアやバラエティ番組を中心に活動されてきました。その後は女優としても数々のドラマや映画に出演。現在はタレントとしてバラエティ番組を始め、幅広いジャンルで活躍しています。

芸能生活25周年だとか。
「そうなんですよね。私、Momocoのオーディションに受かるまで全然だめで、落ちまくっていたんです。これが最後のオーディション、と決めていたオーディションで受かって。そしてまさか25年も迎えられるとは。昨年『プレイボーイ』でグラビアもやらせていただきました。私40歳で最年長だったんですが、みなさん水着の中、下着姿で撮っていただいて。この年になると水着の素材が合わなくなるというか、フレッシュさがなくなっちゃうんですよね。お肉に食い込んだりもするし(笑)。今年はもしリクエストがあれば、グラビアもやってみようかな、と思っています」。

趣味のひとつであり、もうお仕事ともいえるのが「競馬」ですよね。
「私の父がそもそもジョッキーなんですよ。子どもの頃からゲートを使ってヨーイドンってかけっこをしたりしていました。小さい頃は競馬に興味なんてなかったんですが、そういえばジョッキーの娘のタレントっていないなあと。“スキマ産業”ですよ(笑)。グリーンチャンネルで生放送を担当させていただき、その後ディープインパクトにはまってしまって。当時の彼氏よりもディープインパクトが好きすぎて、追っかけもしていました。あたった場合も、私は“お金は天下の回りもの”と思っているので、皆さんに還元したいんですよね。お祝いの会を開いたり、家族にお小遣いを上げたり。振る舞わないと次はないんですよ。皆さんそうした方がいい!」。

ゴルフもご趣味だとお聞きしました。
「ゴルフをやっているアイドルもいないなあ〜って考えて、とくに大御所の方ばかりが出ている叙々苑カップに出たくて(笑)今では毎年呼んでいただいています。競馬の関係者の方って皆さんゴルフもやっているし、つながっているんですよね。ゴルフも初めはへたくそでしたよ。泣きながら練習しました。今は97くらいでまわります。ウェア?ミニスカートなんてもう履きませんよ。40歳になると膝に年齢が出てしまうんです。パンツの方がかえってきれいにみえる気がして」。

お酒のお話を聞かせていただきたいのですが、お酒と言えば、お店を経営されているんですよね。
「はい。『YABEKE』というバーです。母と妹とバイトの女の子と。私はたまに顔を出します。母はアウトデラックスに出演してから有名人になっちゃって、皆さん母に会いにきている様子。写真なんかも一緒に撮るので、気軽に言ってくださいね〜。一緒にお酒を飲みたい人は…迷うな。イ・ビョンホンかな。今韓国語の勉強中なんです。しゃべれたらイ・ビョンホンにインタビューもできるかもしれないじゃないですか!」。

『YABEKE』の経営もやられている矢部さんが、経営者にインタビューをするというお仕事もされているとか。
「はい、10年くらい続けています。いろんな経営者の方がいるのでとても勉強になります。私はお人柄とかここまで来た経緯をお聞きしたいので、よく聞かせてもらいます。人物像も気になります。このお仕事で親しくなった方には『YABEKE』に来ていただいたりしていますよ(笑)」。

最後に今年のお仕事については。
「40歳で25周年、自分にとって節目の年です。だから新しいことやりたいですね。今年は女性のファンの方を増やしたいなと思っています。結婚は全然予定ないですね。基本的には彼氏がいないとダメなタイプですが、結婚となると自分の時間もなくなるな、なんて思ってしまって。理想は47〜48歳くらいで結婚かな。人は“気持ちと気持ち”なので、お金持ちかどうかは関係ないです!」。

矢部美穂さん、ありがとうございました。