2018年2月

2/19~2/23 谷 まりあさんの回

松本:今週のゲストは、モデルでタレントの谷まりあさんです。
1995年7月28日生まれの22歳。パキスタン人のお父さんと日本人のお母さんのハーフ。2007年から芸能活動を開始しましたが学業のため一時中断。そして一浪の末、早稲田大学に合格、現在3年生。浪人時代は『今でしょ』でおなじみのあの林修先生の講義を受けていたそうです。2016年ファッション雑誌「ViVi」の専属モデルとして活躍。現在インスタフラムのフォロアーは31万5000人を突破しております。また、2016年から出演されている人気テレビ番組「世界の果てまでイッテQ」では、得意の英語力を生かして出川哲朗さんと旅をする「出川ガール」としても人気を呼んでいます。

一之輔:小さな頃からタレント活動されていたんですか?

谷:子供の頃はちょこちょことモデルさんをやっているくらいでした。高校卒業するタイミングで、大学受験をしようと。進学校だったので周りも大学に行くのが当たり前の環境でしたし、妹と弟に見本を見せたいなという思いもあって。妹は2歳下、弟は9歳下で、みんな仲がいいんです。もちろん勉強が好きということもありますね。新しいことを学ぶのが嬉しくて。

一之輔:タレント、モデルさんというと派手で遊んでいるイメージがあるので、浪人してまで大学に行こうという思いが…すごいですね。

谷:みんな私が大学に行っているイメージがないのか、話をすると「うそでしょ〜」っていうんですよね(笑)。実はもともとはアナウンサーになりたいという思いもあったので、やはり4年制大学に行きたい、しかも行くならトップの学校に行きたい、と考えていました。子供の頃からの芸能活動で、友達も輝いているのをみていたし、この世界への憧れがあることは母も知っていて「それならアナウンサーがあっているんじゃない?」と勧めてくれていましたね。
大学は地方出身の子や海外からの留学生もたくさんいるので、世界が一気に広がった感じです。商学部なので、自分でプロデュースのお仕事をするときなどにマーケティングの勉強が役にたつかな、なんて思いながら授業を受けています。

一之輔:多くのフォロアーがいるというインスタグラムについてなんですが。本格的に芸能活動を始める前にすでに6万人のフォロアーがいたというじゃないですか!なんでなんですか?

谷:私が写真が好き、っていう気持ちが伝わったんじゃないかなあ。実はあの時のインスタは浪人時代の私の息抜きでもあって。ファンの方からは「学校にも行ってない、モデルの仕事もしていない、まりあちゃんって何しているんですか?」なんて聞かれていました(笑)。31万5000人のフォロアー、と言われますけど、そのために特別こうする、というのは全然ないです。好きなものを好きなタイミングであげているだけ。

一之輔:私はインスタはやっていないんだけど、何を上げれば良いのか…。これだけはやってはいけない!という鉄則なんかありますか?

谷:やってはいけない、というわけじゃないですけど、例えば食事の写真ばかりが並ぶのはどうかな、と。まあ、好きでいいと思うんですけどね。

一之輔:ではお酒にまつわるお話をお聞かせください。22歳ということは、お酒デビューから2年経ちますが。

谷:大勢の方と飲む席も増えました。仕事帰りに先輩と行く、なんていうこともあります。お酒を飲むともっとテンション上がっちゃいますね。強いのかな?悪酔いはしません。居酒屋さんは行ったことがないんです。でも席が近くて楽しそうだなとは思います。高田馬場の居酒屋探検、してみようかな!

松本:さてこのほろよい亭では、実現の可能不可能に関わらず、この人とお酒を飲みたい、という人をあげてもらっております。

谷:林修先生です!浪人時代、先生の講義も受けていたのですが、楽しいし、気がついたら現代国語ができるようになっていて、びっくり。すごすぎます。独特な皮肉な感じも面白くて、知識もものすごいんです。

一之輔:最後にお仕事のお話を聞かせてください。谷さんのお仕事のメインはモデル?タレント?

谷:両方ですかね。ViViモデルとしての今の目標は表紙モデル!これは狭き門なんです。可愛い先輩モデルさんもたくさんいますしね。いつかは!!私が表紙になったときには雑誌買ってくださいね(笑)。「イッテQ」では今年も海外のいろんなところに行く予定です。普通だったらできない経験をたくさんさせていただける機会なのでラッキー!と思っています。いつか、司会やキャスターなんかもやってみたいですね。

2/26~3/2のゲストは 増田 惠子 さんです。

菊正宗ほろよいイブニングトーク、2/26~3/2のゲストは 増田 惠子 さんです。

プロフィール:
9月2日静岡県出身。
1976年中学・高校の同級生、根本美鶴代(ねもと みつよ)さん“ミーちゃん”と
ピンク・レディーを結成。
1977年には、「S・O・S」「カルメン’77」「渚のシンドバッド」、
「ウォンテッド」、「UFO」の5曲で、音楽チャート年間50週のうち
実に28週、ピンク・レディーが1位を獲得。
1981年、後楽園球場で解散。
その年、中島みゆき作詞作曲の「すずめ」でソロデビュー。
40万枚の大ヒットを記録。
2003年から2005年にかけてピンク・レディー復活コンサートツアーを開催し40万人を動員。
昨年の11月には、完全セルフプロデュースによるソロライブ「増田惠子〜60 Candles(キャンドルズ)」を開催。
2月21日に最新シングル「最後の恋」をリリース。

増田恵子さんHP

2/12~2/16 橘 衣里さんの回

松本:今週のゲストは、女優の橘依里さんです。1995年11月20日千葉県のお生まれ。22歳です。クラシックバレエからジャズダンス、タップダンス、さらに日本俳優連合アクション部会公認のアクションライセンスまで持っていらっしゃいます。今年11月に行われます、大森カンパニープロデュース人情喜劇シリーズ『いじはり』でアクションヒロインを演じられます。

一之輔:アクションライセンス、すごいですね。アクションを始めたきかっけは?

橘:アクションライセンスっていうのは、技斗と殺陣の上級を持っていると、俳優連合さんから認めていただけるというものなんです。12歳から入っていたところがアクションとタップがメインで、強制的にやらされていた、という感じに近いです。4歳からバレエをやっていたので、アクションとのギャップに初めは嫌々でした。手も腫れますしね。女優という夢を持つ中で、自分の容姿や年齢でアクションをできる子は他にいないかも、と思っていた時に大森(ヒロシ)さんから舞台のお話をいただいて。これは自分のアクションという武器を生かせるかもと思いました。

一之輔:女優さんへの憧れがスタートだったんですか?

橘:小さい頃から母の影響で私もドラマが大好きで。テレビに出たい、女優になりたい、というよりも、自分ではない人を演じてみたいという欲求が強くありました。小さい頃は活発な子で、男の子とばかり遊んでいました。その頃は戦隊モノの悪役のお姉さんに憧れていて。正義の味方の方ではなく、なぜか悪役のヒロインがずっと好きだったんですよ。今でも演じてみたいという憧れがあります。

一之輔:お得意のアクションのお話を聞かせてください。

橘:殺陣と技斗の2つを上級で取得すると、アクションライセンスがいただけるんです。殺陣はいわゆるちゃんばら。技斗は素手でのアクションです。殺陣も試験はとても厳しいですよ。自分で袴を着られるかどうか、そのあと動いても着崩れしないかどうか、も点数のうちなんです。カメラワークのテストもあって、剣が当たっていないのにリアクションすると減点だったり、人に重ならずにきちんと殺陣が見えているかなども見られるんです。アクションというとケガもつきものですが、私は怪我しないんです。バレエをやっていたからかもしれませんが、踊る筋肉がついているので、クッションのようになっているみたいなんです。もちろん受け身の練習もしているので、受け身はうまいです!

一之輔:では、お酒にまつわるお話を。22歳ということは、まだお酒デビュー2年生ですが。

橘:基本的には甘いお酒でふわふわしちゃうんですけど、今日の日本酒は“フルーティ”という表現がぴったりですね!すごく美味しいです。お酒はガンガン飲むというわけではないですが、お酒の席はとても好きです。16歳からこのお仕事をさせていただいているので、自分だけソフトドリンクで「早く帰りなさいね」と言われていた世界からやっと抜け出した!!って(笑)。好奇心いっぱいなんです!

松本:さてこのほろよい亭では、実現の可能不可能に関わらず、この人とお酒を飲みたい、という人をあげてもらっております。

橘:元モーニング娘。の保田圭さんです。お仕事でご一緒させていただいたことがあって、とてもよくしていただいたのにお話をする機会があまりなかったんです。その時に誘っていただいた「ドリームモーニング娘。」のステージを観たら、大好きになっちゃって!保田さんとお酒を一緒に飲んで、大人の会話もしたいですし、この「好き」という気持ちも伝えたいです!!

一之輔:今年11月の舞台「いじはり」にご出演予定ですね。

橘:銭湯が舞台のお話なんです。笑うとこといっぱい、泣くところもいっぱいの「人情喜劇」に出会えたことは、大森さんのおかげですし、私にとってすごく大きい出来事でした。これからもお芝居をやるなら、人情喜劇をやっていきたいです。でも人を笑わせることの難しさも感じますね〜。
将来はずっとお芝居をやっていきたいです。自分ではない人を演じ続けていきたい。おばあちゃんになっても自分の武器を生かして、タップやアクションができるといいな。