2018年12月

12/31~1/4のゲストは 大野 拓朗 さんです。

菊正宗ほろよいイブニングトーク、12/31~1/4のゲストは 大野 拓朗 さんです。

プロフィール:

1988年11月14日生まれ。東京のご出身。

2010年立教大学2年の時、ホリプロ創業50周年を記念して行われた新人俳優発掘オーディションで、グランプリを受賞。

映画『インシテミル~7日間のデスゲーム~』で俳優デビュー。映画、ドラマ、舞台など数多くの作品に出演。

大河ドラマ『西郷(せご)どん』の人斬り半次郎役や、有川浩(ありかわひろ)原作の映画『旅猫リポート』、太宰治の未完の遺作をドラマ化した「グッド・バイ」で主演など活躍の場を広げている。

2月からはメガヒットミュージカル『ロミオ&(アンド)ジュリエット』で主役の『ロミオ』を2年振りに再演。

大野拓朗さんHP

12/17~12/21 丸山桂里奈さんの回

松本:今週も常連客の春風亭一之輔さんと一緒に、素敵なゲストのお話を伺います!

一之輔:今回のゲストは、元サッカー日本女子代表の丸山桂里奈さんです。プロフィールをマスターから!

松本:1983年3月26日生まれ、東京都大田区出身。元サッカー日本女子代表。現役時代のポジションはフォワード。小学校6年生でサッカーを始め、日本体育大学在学中に日本代表に初めて選ばれ、2002年アジア大会で代表デビュー。オリンピックではアテネ、北京、ロンドンの3大会に出場。ロンドンオリンピックでは、銀メダルに輝きました。またワールドカップにも2回出場。2011年には準々決勝のドイツ戦でゴールを決めるなど、なでしこジャパンの初優勝に大きく貢献。現在はタレントとして強烈なキャラクターでご活躍中です。

一之輔:サッカーを始めたきっかけは?

丸山:小学校6年生のときに、初恋の相手に一緒にサッカーをしようと言われたのがきっかけです。好きな男の子は2人いたんですよ。サッカーをすれば、3人で一緒にいられるのがうれしくて。

一之輔:好きな男の子が2人も! 中学時代には、日テレ・ベレーザの下部組織である読売メニーナに入団されましたね?

丸山:女子でサッカーをしている子なんて、ほとんどいなかったので、入団テストを受けて「受かったらいいな」と思っていたら、500人中の10人に選ばれまして。

松本:ベレーザといったら、檜舞台の一歩手前ですよね?  

丸山:そうですね。当時のベレーザには澤さんがいて、雲の上の存在でした。近寄るだけでも、オーラを感じましたね。

一之輔:なでしこジャパン時代の話を聞かせてくださいよ。ターニングポイントになったのは、2008年の北京オリンピックだとか? 

丸山:3位決定戦のドイツ戦でのことです。3位と4位では全然違うから、みんな真剣で私は後半23分くらいから出場したのですが、どうも体が思うように動かなくて負けまして。じつはウォーミングアップをしないで出るほうがカッコイイと思っていて、あまりウォーミングアップをしなかったのです。ウォーミングアップのしすぎで疲れて出場している人を見ていたのもあって・・・。そしたら澤さんにめちゃくちゃ怒られて。温厚な澤さんに怒られたのがショックで、それから気持ちを入れ替えて練習するように。

一之輔:その後、ワールドカップのドイツ戦で、ゴールを決め、大活躍をしましたね。

丸山:ゴールを決めたときのアシストは澤さんだったのです。でも私、勘違いをして、インタビューで別の選手の名前を答えたら、また澤さんを怒らせちゃいました(笑)。

一之輔:今年の夏にグラビアでおしりを出して話題になりましたが、それはまたなんで?

丸山:ロシアのワールドカップのときに、日本が3勝すると予想して、生放送の番組でテリー伊藤さんに「3勝できなかったらどうする?」といわれて、とっさに「おしりを出します」と言ったもので。結果、日本は1勝しかできなかったので、「週刊現代」の袋とじでおしりを出しました。鍛えてきたので、いいおしりですよ。

一之輔:結構なおしりで(笑)。お酒は大好きだそうで?

丸山:はい、つい飲まれちゃうタイプで。両親には信頼できる人とだけ飲みなさいと言われています。なでしこのみんなと飲むこともありますが、みんなお酒が本当に強いですよ! 澤さんは「お酒の申し子」といってもいいくらい強いです。サッカーの話はほとんどせず、恋愛の話で盛り上がりますね。

松本:好きなタイプの男性は?

丸山:よく食べる人が好きです。何でもかき集めて食べるような。鍋を最後まで食べる人とかいいですね~。

松本:へぇ~! さて、このほろよい亭のルールで、実現の可能不可能は関係なく、この人とお酒を飲みたい、という人をゲストの方にお聞きしています。丸山さんが一緒にお酒を飲みたい人はどなたでしょうか?

丸山:泉谷しげるさんです。私は怒られるのがすごく嫌いで、怒られないように生きてきたんですよ。でも泉谷さんはよく怒っていて、泉谷さんになら怒られてみたくて。怒られながら飲んでみたいですね。

一之輔:丸山さんは、最近よくテレビに出てバラエティ番組でもバーンと印象的なコメントをしていますね。

丸山:サッカーは緊張しないのですが、どうもタレント業では緊張してしまいますね。私がというより、周りの人が私を面白いキャラクターにしてくださっている気がします。

一之輔:目指す人はいるの?

丸山:出川哲郎さんです。出川さんは「抱かれたくない男」によく選ばれていましたけど、すごく愛されていますよね。昔も今も、やっていることは変わっていなくて、ぶれていないと思うのです。その姿勢をマネしたいですね。私は選手時代から体をはってきたので、今後も体をはって、できることをしたいです。

松本:丸山さんの今後のお仕事の予定はオフィシャルサイトで。ほろよい気分になりましたのでこのへんでおひらきとさせていただきます。

12/24~12/28のゲストは 辻本 好美 さんです。

菊正宗ほろよいイブニングトーク、12/24~12/28のゲストは 辻本 好美 さんです。

プロフィール:

1987年12月27日生まれ 和歌山県のご出身。

2015年、マイケル・ジャクソンのナンバーを尺八で演奏する様子が

動画サイトでアップされると、世界中のSNSで大反響となる。

それを契機に、ソロ・プロジェクト『バンブー・フルート・オーケストラ』を立ち上げ、

翌2016年、アルバム『SHAKUHACHI(尺八)』で

史上初の”女性ソロ尺八奏者”として、メジャーデビュー。

その活動は国内に留まらず、世界各地に広がっている。

今年、新たにメンバーを迎え、

『バンブー・フルート・オーケストラ』は”女性尺八奏者5人組ユニット”としてスタート!

10月には最新アルバム『尺八クラシック』をリリース。

辻本好美さんHP