2019年2月

2/18~2/22 岡田紗佳さんの回

松本:今週も常連客の春風亭一之輔さんと一緒に、素敵なゲストのお話を伺います!

一之輔:今回のゲストは、モデル、タレント、女流プロ雀士としてもご活躍の岡田紗佳さんです。プロフィールをマスターからお願い致します!

松本:1994年2月19日東京生まれの24歳。2011年にファッション誌「non-no」のモデルオーディションでグランプリを受賞し、昨年まで7年間、「non-no」専属モデルとして活躍。昨年、ファースト写真集「muse」、さらにトレーディングカードを発売。女流プロ雀士としても活動し、歯に衣着せない物言いで、バラエティ番組でも活躍されています。

一之輔:堂々としていますよね?

岡田:17歳の頃からそういわれています。母が中国人で6歳の頃から上海で生活していました。中国では、ナメられないようにと教育されてきて、唐揚げの最後の1つは、取り合いでした。

一之輔:日本に帰国後、青山学院高等部から青山学院大学に進み、モデルの道に進むわけですね。モデルを目指したきっかけは?

岡田:中学生のときに、友達と雑誌を見るうちに、モデルって格好いいと思うように。それで渋谷を歩きまわれるようにと考えて青学へ。その後は、スカウト待ちで、今の事務所に声をかけられ、デビューしました。でも学業と仕事との両立は難しかったです。勉強は得意な方だったのですが。

一之輔:女流プロ雀士、初段でもおありで。麻雀を始めるきっかけは?

岡田:休みの日はだいたい雀荘にいます。最初に麻雀に触れたのは、中国に住んでいたときで、家に全自動麻雀器があり、それを使って家族みんなで麻雀をする様子をよく見ていました。その後、再び麻雀に触れたのが、大学生の時。スマホゲームで麻雀をやり始め、テレビ東京の「大学対抗 麻雀駅伝大会」という番組に青学代表で出まして。箱根駅伝で、青学が優勝していた時だったので、盛り上がりました。その時に、麻雀に興味がないかと今所属している団体に声をかけられたのが、本格的に麻雀を始めるきっかけです。

一之輔:プロになるのは難しい?

岡田:プロテストには筆記テストがあり、点数計算や条件計算、小論文もありました。なぜプロ雀士を目指すのか、麻雀観戦記など、文章を書きましたね。もちろん実技もあります。プロテストに合格するのは、かなり難しいんです。芸能人と同じで、プロ雀士にも打ち方をはじめ、個性が求められます。個人的には、私は守備派だと思っているのですが、周りからは、攻撃的だといわれます(笑)。

一之輔:去年、フジテレビの麻雀バラエティ番組「THEわれめDEポン」に出演され、話題になったそうで?

岡田:確率が0.0003%といわれる「九蓮宝燈の役満貫」を成立させました。ゴルフでいえば、パーファイブのホールインワンでしょうか。

一之輔:生放送で、それはすごいですね! 麻雀をうまくなるには、どうしたらいい?

岡田:勝率を上げるには、基本的な手順や効率が大事ですが、4人で対戦するので、その中でいかに早く勝つか。失点を減らして、得点を上げるために、4分の3は我慢しないといけません。忍耐力が必要ですね。

松本:昨年末から竹書房の「近代麻雀」で岡田さん原作の漫画「ゴールデン桜」が始まっていますね。

岡田:プロ雀士として思うところを描いているのですが、誰でも読みやすいような物語になっています。

一之輔:中国の人はお酒をよく飲むそうですが、お酒はお強い方で?

岡田:そうですね。中国ではアルコール度数の強いお酒がよく飲まれていますね。個人的には串カツが好きで、つがれたら、つがれた分だけ飲みますね。

松本:いいですね~! さて、このほろよい亭のルールで、実現の可能不可能は関係なく、この人とお酒を飲みたい、という人をゲストの方にお聞きしています。岡田さんが一緒にお酒を飲みたい人はどなたでしょうか?

岡田:自分の叔父です。母の弟です。呼んだらすぐに一緒に飲んでくれそうですが、酔うとファンキーになる人で、おしぼりをいとこと投げ合ったりしていて。「大人が酔うとこうなるんだ!」と子供心に思っていました。まだ一緒に飲んだことがないので、一緒に飲んでみたいですね! 

一之輔:今週発売になったトレーディングカードについて教えてください。

岡田:ゲーム性のあるカードで、何枚かつなげると1枚の写真になったり、遊ぶこともできて面白いですよ。

一之輔:ヒョウ柄の水着のような写真もありますね。写真集「muse」ではバニーガールの写真がお気に入りだとか。

岡田:はい、女性のカメラマンさんに撮ってもらって、気に入っていますね。「muse」とは、私が大好きな、女性アイドルグループから名前をとっています。もともと松田聖子さんが好きで、憧れていました。

松本:岡田紗佳さんの今後のさまざまな活動は、公式サイトで。それではほろよい気分になりましたので、このへんで。

2/11~2/15 柳いろはさんの回

松本:今週も常連客の春風亭一之輔さんと一緒に、素敵なゲストのお話を伺います!

一之輔:今回のゲストは、グラビアアイドル、タレントとしてご活躍の柳いろはさんです。プロフィールをマスターからお願い致します!

松本:1990年12月4日大阪生まれの28歳。現在の事務所にスカウトされ、2014年にグラビアデビュー。抜群のプロポーションでグラビアや雑誌の表紙を飾り、7枚のDVDをリリース。初代K-1ガールズのキャプテンとしても活動。女優として昨年、映画「天使じゃないッ!」「天使じゃないッ!2」「ホップステップジャンプ」に出演。4歳年下の妹、柳ゆり菜さんもグラビアアイドル、女優としてご活躍中です。

一之輔:スカウトでこの世界に?

柳:「デビュー」という雑誌で、今の事務所のことを知っていて、その事務所がピンときていたんです。東京に来て、六本木ヒルズでその事務所の人に声をかけられて、これは縁があると思って、すぐに部屋を決めて、妹も誘って、上京したいと父に話をしたのが始まりです。

一之輔:反対されたのでは?

柳:それが、よく言ってくれたと。妹が上京したいのを父は知っていて、妹1人で行かせるのは心配だから、私と一緒なら安心だと。

一之輔:趣味と実益を兼ねて、競馬と麻雀をしているそうで?

柳:はい、大好きです。きっかけは、4年前に、福島テレビの競馬番組のオーディションに合格したことです。まだまだビギナーで、今のところ競馬は「赤字」です。パドックで馬の歩き方を見て研究したり、オーラがある馬を見極める練習中です。

一之輔:麻雀はデビューして1ケ月で、インターネット番組で6時間に及ぶ「ガチンコ脱衣麻雀」に挑戦されたそうで。これ、本当に脱いでいったの?

柳:そうです(笑)。普通なら嫌がるでしょうが、「グラビアたるもの脱ぐのが嫌だとは何ぞや」と思って、負けたら「脱ぐぞー!」って感じで喜んで脱ぎましたね。麻雀は知れば知るほど奥が深くて面白いですね。空気を読む力が培われますし、ポーカーフェイスで自分の考えを読まれないようにしなくてはいけない。芸能界でも空気を読むのが大事なので、いい勉強になりますね。

一之輔:なるほどね。お料理も得意だそうで?

柳:スーパーを3軒ぐらいはしごして、安い食材を買って作ります。得意料理は、おいなりさんです。2日間ほど煮汁にお揚げを浸します。中は具だくさんで、みょうがと大葉を刻んで風味を出して、白ごまと一緒にご飯に混ぜます。お吸い物と、よく合いますよ。映画「天使じゃないッ!」の現場にも差し入れで持っていきました。おいなりさんなら、冷めても美味しくて、大量に作れるので。ただ、夜中の3時に持っていって、「おいなりさん、握ってきました!」と監督にいったら、勘違いされて、「朝から誰のおいなりさん、握ってきたんだ!」と(笑)。

一之輔:ゆかいな監督ですね~。いろはさんは、お酒もお好きで? お父さんが大阪・ミナミでバーを経営されているとか?

柳:はい、23年続いているお店です。父には鍛えられましたよ。東京は悪い男がいるから、酔わされて変なことされないようにと、飲まされましたね。割と飲めるほうです。最近は私がはさみ揚げとか、つまみを作って、妹ともよく一緒に飲みますね。6割は仕事の話をしています。

松本:恋バナは?

柳:しますね。妹はかわいらしい男性が好きみたいですが、私は古き良き時代の男性が好きですね。

松本:さて、このほろよい亭のルールで、実現の可能不可能は関係なく、この人とお酒を飲みたい、という人をゲストの方にお聞きしています。柳さんが一緒にお酒を飲みたい人はどなたでしょうか?

柳:21年後になってしまうかもしれませんが、未来の自分の子供と飲みたいですね!

一之輔:いいですね~。40代になった、いろはさんもいいですね。色っぽいだろうな。ところで、お仕事では、セレクトブランドを立ち上げたそうで。これはどんなお仕事で?

柳:自分で商品を作ることはないのですが、海外の商品を輸入したり、ピックアップしています。ブランド名は「エヴァンカ」で、「進化、改良」という意味で、私の好きな言葉です。

一之輔:最新のDVD「いろはの恋仕立て」でも、ブランドの洋服を着ていらっしゃるそうですね!

柳:よく知っていますね~。その通りです。

松本:料理にしても、いろんなことがおできになるんですね~。

一之輔:いろはさんのファンの方は40~50代の人が多いようですね!

柳:そうですね。少年の心を持ったおじさんが好きですね! 

松本:柳いろはさんの今後のさまざまな活動は、公式サイトで。それではほろよい気分になりましたので、このへんで。

2/4~2/8 馬場園 梓(アジアン)さんの回

松本:今週も常連客の春風亭一之輔さんと一緒に、素敵なゲストのお話を伺います!

一之輔:今回のゲストは、女性お笑いコンビ、アジアンの馬場園梓さんです。プロフィールをマスターからお願い致します!

松本:1981年3月1日大阪生まれの37歳。高校生の時に、吉本のお笑い養成所NSCに入り、そこで6歳年上の隅田美保さんと出会い、2002年にアジアンを結成。2005年、ABCお笑い新人グランプリで最優秀新人賞を受賞。さらにこの年、M1グランプリで女性コンビでは初の決勝進出を果たしました。アジアンではボケとネタづくりを担当。お笑い以外にも、ドラマや映画でもご活躍中です。

一之輔:隅田さんとは、長いお付き合いですね?

馬場園:一度解散して再結成していて、芸歴で考えると20年ぐらいやっていますね。じつは私、落語が大好きで、一之輔さんの落語をよく聞かせていただいています。もっと怖い感じの人かと思っていました。落語のとき、もっと顔が堅いですよね。

一之輔:真面目にやっていますからね。隅田さんと出会った時のことを覚えています?

馬場園:はい、隅田はオシャレが好きな人でしてね。神戸コレクションとか、オシャレなモデルさん達がランウェイを歩いたりするイベントがあるじゃないですか。ああいうモデルさんに憧れて、吉本だったら、1番になれるだろうと考えてNSCに入ったそうなのです。初めて隅田を見たとき、「この人はなんという武器を持っているのだろう!」と思いましてね。顔をいじり倒しました! そしたら、腑に落ちない顔をしていましたね。

一之輔:馬場園さんは、コンビ以外に、ピンの活動で、大喜利ライブをやっているそうで?

馬場園:お題を用意してもらって、それに応えて、お笑いをやるイベントで、箕輪はるかと一緒によくやっています。はるかは、「大喜利」が上手で、発想力が豊かです。もっと大喜利をうまくなりたいと思って、それで大喜利が得意な、はるかを誘ってやっています。

一之輔:「大喜利力」を鍛えるために、何かやっていることは?

馬場園:逆に聞きたいです。何をやったらいいでしょう? 私がやっていることは、普段は公園で、犬と遊ぶ子供をじっと見ていたり・・・。怪しいですけど、子供を見ていると、空気と戦ったり、子供ならではの発想があって、面白いですね。大喜利は、お尻の穴を見せるぐらい、自分が試されて、恥ずかしいものです。脳ミソの全てをさらけ出すようなものです。

一之輔:たしかに、発想力や語彙の多さも丸わかりですからね。よくやるね~。馬場園さんはプロレスもお好きだそうで。WEBで「燃えろ!新日本プロレス」のコラムを担当されていますよね。プロレスを好きになったきっかけは?

馬場園:家族みんなプロレスが好きで、よく技をかけあっていたことです。おじいちゃんがお風呂で、グレートカブキさんの毒霧をよくして、それからカブキさんにはまって、マジックで目の周りを塗ったこともあります。私が男だったら、プロレスラーになりたいですね。ヒールといわれる悪役になって、むちゃくちゃやって、ストレス解消したいですね! 今おすすめのプロレスラーは、鷹木 信悟さんです。暴れまわる時と、控えて助けに入る時のギャップというか緩急の付け方が素晴らしいです。

一之輔:お酒も大好きでしょ?

馬場園:好きですね。お酒に合う料理を作るのも好きです。母が山形出身で甘辛い料理をよく作ってくれて、その中でも味噌ベースの芋煮が美味しくて、私も作るように。これがまた日本酒によく合うのです。

一之輔:お酒の失敗は?

馬場園:私よりも隅田が飲まれるタイプですね。イケメンと一緒に飲みた過ぎて、お酒にも、イケメンにも溺れるタイプです。

松本:さて、このほろよい亭のルールで、実現の可能不可能は関係なく、この人とお酒を飲みたい、という人をゲストの方にお聞きしています。馬場園さんが一緒にお酒を飲みたい人はどなたでしょうか?

馬場園:一之輔さんです! お酒を飲むと、お笑いについて、アツく語ったり、お説教したりします?

一之輔:しないです。下ネタと悪口ばかりです(笑)。お笑いライブはどれぐらいのペースでやっているの?

馬場園:週1~2回です。吉本の劇場は色んな所にあるので、色んな所でやっています。トップバッターを任されるときは、うれしいものですね。一之輔さんの落語を生で聞きたくて、何度もチケットを取ろうとしているのですが、人気でなかなか取れないですね。

一之輔:ぜひゲストで来てくださいよ。

馬場園:前座でぜひ呼んでください!

松本:アジアンや、馬場園梓さんの今後のさまざまな活動は、公式サイトで。それではほろよい気分になりましたので、このへんで。