3/11~3/15 春野恵子さんの回

松本:今週は神戸市東灘区にある菊正宗酒造記念館 樽酒マイスターファクトリーにお邪魔しています。実際に樽酒を作っている工場からお送りします。ここでは無料の見学会を開催しているので、気になる方はぜひホームページをチェックしてみてください!

一之輔:さて今週のゲストは、女性浪曲師の春野恵子さんです。プロフィールをマスターから。

松本:1973年7月22日東京生まれ。伝説の番組「進ぬ! 電波少年」で、お笑い芸人坂本ちゃんの「家庭教師・ケイコ先生」として一躍人気に。女優、タレントとして活躍。2003年に女流第一人者の二代目春野百合子に弟子入りし、現在は女性浪曲師として、活動されています。

一之輔:何がきっかけで電波少年に?

松本:大学卒業してから、出版社に務めたのですが、役者になりたくて。それで所属していた事務所から、仕事が来たと思ったら、電波少年の仕事だったのです。

一之輔:浪曲師の師匠である、二代目春野百合子師匠について教えてください!

春野:浪曲を一度聞いただけで、浪曲師になろうと思い込みまして。まずは国本武春師匠に、相談にいきましたら、「今の時代に浪曲師になるのは辞めなさい」と説得されてしまいました。それで武春師匠からダビングしてもらった浪曲の中に、春野百合子師匠の「おさんもえ」という近松門左衛門が書き下ろしたという話がありまして、それを聞いて惚れまして、百合子師匠に会いに行ったのです。会う前に、浪曲師に関する本を読み、といっても、それほど浪曲に関する本がなく、たまたま読んだ「浪曲家の生活」という本に、浪曲師は弟子入りするときに、「声調べ」というものがあると知りまして、いざお会いして、声を出したら、すぐに弟子にすることはできないが、まずは通って稽古をつけてもらうことに。

一之輔:恵子先生だったことは言わずに?

春野:はい。役者をやっていたと言いました。学校は出たんかと聞かれたので、「4年生の大学を出ました」と答えました。

一之輔:東大出たとは言わなかったのですね。

春野:はい。それで、ドン・キホーテで買ったバリカンで坊主にしまして、師匠のいる大阪にいきました。

一之輔:坊主にしちゃったんですか! 芸の世界に入ったらお酒を飲む機会も増えたでしょう?

春野:そうですね。印象深かったのが、笑福亭福笑師匠と飲んだときのこと。「今日は春野恵子ちゃんと飲むから、お前らみんな帰れ」と周りを帰らせて、二人きりで飲んだのです。そしたら、すごくジェントルマンで。まず奥さんに断りの電話をしましてね。それから話すことといったら、芸の話ばかりで、勉強になりました。

松本:さて、このほろよい亭のルールで、実現の可能不可能は関係なく、この人とお酒を飲みたい、という人をゲストの方にお聞きしています。春野恵子さんが一緒にお酒を飲みたい人はどなたでしょうか?

春野:それはやはり、私の師匠ですね。もう亡くなってしまったのですが、日本酒が好きで、稽古のあとは「日本酒持ってきて」といわれて、昼間からコップで飲んでいましたね。師匠ともっともっと、お酒を飲みながら、いろんな話をしたかったですね。

一之輔:いいですね。僕の師匠はまだ生きていますからね。生きているうちに、一緒に飲むのを楽しみたいものですね。ところで、春野さんは、さまざまな浪曲にチャレンジされているそうで、英語で浪曲にも挑戦されているとか。

春野:外国に住んでいたことがあって、英語で浪曲をしたらどうなるのか興味があったのです。節が七五調でできているから、どうなるのだろうと思いつつ、やってみたら、結構おもしろくて。ほかにも、ロック調で浪曲をやってみたこともあります。バンドのメンバーを従えて。みなさんがよくご存じの曲に合わせて、古典浪曲をロックでやっています。たとえば、「樽屋おせん」という曲で、不倫を疑われる場面では、ホイットニーヒューストンのボディガードの曲と絡めて、「冤罪や~~」などと歌ったり、最近では、「ボヘミアンラプソディー」の曲と絡めたりして、より多くの人に楽しんでもらえるように工夫しています。

一之輔:そんな恵子先生の浪曲は、いろんなところで聞くことができるんですよね。

松本:明日16日まで大阪の国立文楽劇場・小ホールで第100回記念公演 上方演芸特選会に出演されます。

春野:ここは私が師匠の浪曲を初めて聞いた場所でもあるんです!

松本:3月26日には大阪・千日亭で、「唸ろう!語ろう!浪曲NIGHT」に。4月24日には東京・上野広小路亭にて「念願叶って東京公演16回目!浪花ともあれ浪曲三人舞台」に出演されます。今後の気になる春野恵子さんの活動は、公式ブログをごらんください。それではほろよい気分になりましたので、このへんでお開きとさせていただきます。

3/4~3/8 ヒロシさんの回

松本:今週も常連客の春風亭一之輔さんと一緒に、素敵なゲストのお話を伺います!

一之輔:今回のゲストは自虐的なネタで一世を風靡したヒロシさんです。プロフィールをマスターからお願い致します!

松本:1972年1月23日熊本生まれの47歳。大学卒業後サラリーマン生活を経て、23歳で福岡吉本に所属。26歳のときにコンビで上京するも相方が辞めたこともあり、5年後に熊本に戻るのですが、その際、書きためたネタから「ヒロシです」が生まれる。「笑いの金メダル」の出演を機に大ブレイク。一時期、表舞台から遠ざかるも2010年に6年ぶりに仕事を再開。日めくりカレンダー「毎日ネガティブ」は10万部を超える大ヒット。現在は芸人と並行して、YouTube「ヒロシチャンネル」を配信。「働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける」を講談社より発売。3月8日には「ヒロシの自虐的幸福論」文庫本を大和書房より発売。

一之輔:幅広くご活躍ですね。様々な活動に、ちょいちょい間が空いているのがまたいいですね。本名はヒロシじゃないそうで?

ヒロシ:本名は健一です。ヒロシは生島ヒロシさんから取りました。テレビ雑誌の表紙に生島ヒロシさんの名前が載っていて、ヒロシっていいなと思ったことがきっかけです。僕の場合、「あるある」ネタを考えるより、「ないない」ネタを考えるのが得意で(笑)。当時、「いつもここから」の山田さんと仲がよくて、ネタを見せたら、面白いといわれて、それが「ヒロシです」の始まりですね。

一之輔:あのBGMを聞くと、ヒロシさんをイメージしちゃいますね。YouTube「ヒロシチャンネル」の登録者数は33万人だとか。いつ頃から始めたの?

ヒロシ:5~6年前ですね。実は僕、趣味がキャンプでして、テントをはってキャンプしている様子を動画に撮って編集してアップしていたのですが、これが意外と人気が出て。そもそも僕の顔が出ていないのですよ。料理をしている手元や、一人キャンプの様子を映していて。意外と一人キャンプが好きな人達がいて、その人たちが僕と知らずに、よく見てくれますね。これが結構、儲かるのです! 

一之輔:不安なことはないですか?

ヒロシ:キャンプに関してはないですね。東京にいると不安だらけです。テレビをつければ、僕よりも若い人が活躍していて、それを見ると眠れなくなりますね。でもキャンプに行くとすぐに眠れるのです。キャンプをすると人間がそもそもやっていた、火をたいて、ご飯を食べて寝るような、シンプルな生活に戻るので、意外と疲れるんですよね。今は、山を買いたいなと思っています。山って、売っているのですが、不動産屋さんも、どこからどこまでが売り物か分からないこともあって、慎重に探さないといけませんね。

一之輔:ヒロシさん、お酒はお好きで? 

ヒロシ:はい。ホストクラブで働いていたときは、相当飲んでいましたよ。大人数で飲むより、少人数で飲むほうが好きですね。芸人仲間と飲むことも少ないのですが、「ずん」のやすさんと飲みに行ったのですが、結構楽しかったですね。

松本:さて、このほろよい亭のルールで、実現の可能不可能は関係なく、この人とお酒を飲みたい、という人をゲストの方にお聞きしています。ヒロシさんが一緒にお酒を飲みたい人はどなたでしょうか?

ヒロシ:僕の憧れは冒険家で小説家のCWニコルで、彼のようになりたいのですが、一緒に飲みたいのが、海外でキャンプをしている人達です。インスタグラムで彼らのキャンプの様子を見ていて、その中でも、面白いのが「ブッシュクラフト」をしている人達です。これは、キャンプとサバイバルの間で、できるだけモノを持っていかないで、ナイフだけ持っていって、木と葉っぱだけで寝床を作るようなことをいいます。そういう世界にすごく憧れています。だからそんな世界を楽しんでいる人達と、お酒を飲みたいですね。お酒を飲むといっても、話をしなくてもいいくらいです。

一之輔:去年の年末、講談社から、「働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける」という本を出しましたね。

ヒロシ:これもYouTubeから話がきて。ネットを使った新しい働き方について書いてほしいと。いま、サラリーマンにとって副業が解禁されて、終身雇用が崩れてきて、個の力をつけなくてはいけなくなっていますよね。僕も大きな事務所に所属していたのですが、それだけでは仕事はこない。それで、安全や保険をとりつつ、新しい働き方を開拓していこうという本です。

松本:そんなヒロシさんですが3月17日(日)のお昼頃、お台場の駅前特設会場にて開催されるアウトドアの祭典「TOKYO OUTDOOR WEEKEND 2019」に、同じ事務所のベアーズ 島田キャンプさんとご出演されます。

ヒロシ:ベアーズ島田も、もともとサラリーマンでした。

松本:ヒロシさんの今後のさまざまな活動は、オフィシャルサイトやツイッターなどで。それではほろよい気分になりましたので、このへんで。