特A地区産山田錦100%で醸した最高ランク酒 菊正宗「純米大吟醸720ML」新発売

 菊正宗酒造株式会社(本社 神戸市東灘区、社長 嘉納毅人)は、「菊正宗 超特撰 純米大吟醸 720ML瓶詰」を2014年9月8日より新発売します。

 菊正宗超特撰「純米大吟醸」の原料となる酒米は兵庫県吉川特A地区産の「山田錦」。中でも菊正宗と古くから契約栽培を行っている「嘉納会」により栽培された最高品質の山田錦を100%使用しています。また、仕込み水は江戸時代に灘の生一本の名声を高めた、神秘の水「宮水」を使用。 この原料を使用し、菊正宗が誇る「嘉宝蔵」で丹波杜氏が伝承の技を惜しみなく注ぎこみ、手造りによって、じっくりと醸し出されました。
 その味わいはすっきりと洗練された極上の味わい。最高の原料、そして最高の技により生まれた、まさに最高ランクの吟醸酒です。

菊正宗 純米大吟醸 720ML瓶詰(化粧ケース入)
価格(税抜き) 参考小売価格 5,000円
酒質 超特撰・純米大吟醸酒
アルコール分 16%  日本酒度 +6.0
酸度 1.4      アミノ酸度 0.9
荷姿 6本入ダンボール
販売地域 全国
発売日     2014年9月8日(月)(通年)

菊正宗 純米大吟醸 720ML瓶詰(化粧ケース入)