菊正宗 「蔵開き2017」を開催

 菊正宗酒造株式会社(本社 神戸市東灘区、社長 嘉納毅人)は、「蔵開き2017」を平成29年2月25日(土)に開催します。
 この時期、菊正宗 嘉宝蔵(かほうぐら)では丹波杜氏による伝統の寒造りが終盤を迎え、華やかな新酒の香りが漂います。菊正宗では日頃の感謝をこめて、日本酒ファンの皆様に、フレッシュな”しぼりたて新酒”をお楽しみいただく会、「蔵開き2017」を嘉宝蔵の構内を一般開放して開催します。
 丹波杜氏伝承の技「生酛造り(きもとづくり)」で醸造した、季節限定しぼりたて新酒の無料試飲のほか、超特撰「嘉宝蔵 雅(みやび)」、130年ぶりの新ブランド「百黙」などの高級酒の試飲もできる有料試飲コーナー、おでんやたこ焼きなどの屋台、酒蔵見学会、また落語会、浪花の「華乃家」による生演奏などで会場を盛り上げます。また、今年は大起水産による「捌きたて!生本まぐろ」もご用意いたします。
 この季節ならではの催しですので、皆様お誘い合わせいただき、是非ご来場いただきたく存じます。なお、自動車でのご来場は固くお断りいたします。

■蔵開き2017 開催内容■
開催日時  平成29年2月25日(土) 午前10時~午後3時
開催場所  菊正宗「嘉宝蔵」構内 および 菊正宗酒造記念館
        (神戸市東灘区魚崎西町1丁目)
        (交通)六甲ライナー「南魚崎駅」徒歩2分または、阪神「魚崎駅」南へ徒歩10分
【内容】
・「生酛しぼりたて新酒」の無料試飲
・超特撰「嘉宝蔵 雅」、純米大吟醸酒、燗酒、新ブランド「百黙」などの有料試飲コーナー
・酒蔵見学会
・樽酒貯蔵場の見学会
・落語会(桂春蝶)
・懐かしの名曲カバーライブ
・「華乃家」による昔懐かしい歌と演奏
・酒樽の製作・コモ巻き作業の実演
・丹波杜氏による酒造り唄の披露
・温かい「粕汁」「おでん」「たこ焼き」「やきそば」の屋台
・大起水産の「捌きたて!生本まぐろ」の販売
・清酒や食品の物販コーナー
・お楽しみ「福袋」の販売(1500袋限定)→ 会場が変更になります。詳しくは下記チラシの案内図をご覧ください。

※小雨決行
※第12回蔵開きチラシはこちら(PDFファイル)

NR2017kuraL