新製法でフレッシュ感が向上!「生酛純米大吟醸」リニューアル発売

菊正宗酒造株式会社(本社 神戸市東灘区、社長 嘉納治郎右衞門)は、「菊正宗 超特撰 生酛純米大吟醸」を2018年3月5日よりリニューアル発売します。
 伝承の技「生酛造り」の特徴であるキレとコクを残しながらも、従来の2回火入れ(加熱処理)を1回にとどめ、しぼりたてをそのまま瓶詰することでフレッシュですっきりとした味わいを実現しました。リンゴのような香りである「カプロン酸エチル」含有量も従来の2倍以上で果物を想わせる華やかな香りが特長です。
 華やかで優雅な香りとやさしく繊細な味わいに、菊正宗の誇る生酛造りでじっくりと醸造した生酛特有の押し味と呼ばれる奥行きのある味わいがバランスよく調和した「生酛純米大吟醸」。様々なお料理と合わせていただけるプレミアムな純米大吟醸酒です。
 ゴールドと白を基調とした高級感あふれるパッケージデザインは、ご家庭のテーブルを豪華に演出します。

菊正宗 超特撰 生酛純米大吟醸
容量 720ML瓶詰/300ML瓶詰
価格(税抜き) 参考小売価格 1,350円/600円
酒質 生酛造り・純米大吟醸酒
アルコール分 16%   
日本酒度 +3.5
販売地域 全国
発売日 2018年3月5日(月)

菊正宗 超特撰 生酛純米大吟醸