灘五郷10銘柄統一ラベル 超特撰「灘の生一本(2018灘酒研究会)」720ml瓶詰 新発売

 菊正宗酒造株式会社(本社 神戸市東灘区、社長 嘉納治郎右衞門)は、「菊正宗 灘の生一本(2018灘酒研究会)純米酒 720ml瓶詰」を、平成30年9月11日より期間限定発売します。

 「菊正宗 灘の生一本(2018灘酒研究会) 純米酒 720ml瓶詰」は、原料米に希少な兵庫県三木市吉川産の酒造好適米「兵庫恋錦」を100%使用し、生酛造り特有の押し味とキレの良さを併せ持つおだやかな香りが特徴です。
 なお、この商品は、「灘酒研究会」※が行う灘酒の品質向上を目的としたプロジェクトの一環として、灘酒研究会の中の酒造メーカー10社(沢の鶴、剣菱、白鶴、菊正宗、櫻正宗、浜福鶴、道灌、白鹿、日本盛、大関)が各社の技術で醸した「灘の生一本」シリーズとして発売します。本商品のラベルに表記している酒質に関する表現については「灘酒研究会 酒質審査委員会」が審査し、認定された適切な表現だけを表示しています。
また、すべての商品で回収されたガラスびんからできるカレット(再生ガラス)を90%以上使用した環境にやさしいエコロジーボトルを採用しております。
 本商品を発売するに先立ち、9月8日(土)に一般公募しましたお客様360名(3回入替え制、各120名)をご招待し、「灘の生一本」の魅力をご紹介する特別試飲会を開催いたします。詳細は灘酒研究会のホームページ(http://www.nada-ken.com/shiinkai/)をご覧ください。

※「灘酒研究会」について
 「灘酒研究会」は、1917年(大正6年)に発足。灘五郷および近隣地区の酒造技術者が集まり、日本酒醸造の技術向上に取り組んでいる研究グループ。

菊正宗 超特撰「灘の生一本(2018灘酒研究会)」720ml瓶詰
価格(税抜き)  参考小売価格 1,170円
酒質       生酛造り 純米酒
アルコール分   16%
日本酒度     +6.7
販売地域     全国 
発売日      平成30年9月11日(火)【期間限定】

詳しくはこちら

菊正宗 超特撰「灘の生一本(2018灘酒研究会)」720ml瓶詰