菊正宗酒造記念館 復興20周年記念特別展示・講演会 開催

 菊正宗酒造株式会社(本社 神戸市東灘区、社長 嘉納治郎右衞門)は、菊正宗酒造記念館の復興20周年を記念して、イベントを開催いたします。
 神戸・御影の本嘉納家・本宅屋敷内に建てられた酒蔵を、昭和35年に現在の地に移築し、酒造記念館として一般開放していた当時の酒造記念館は、1995年1月17日の阪神大震災によって倒壊しました。
 その後4年の歳月を経て、多くの皆様のご協力により1999年1月26日に菊正宗酒造記念館として復興オープンしました。生まれ変わった記念館は、地上2階建て、耐火・耐震構造を備え、延床面積(既設「参考室」含む)1,400m²。屋根は本瓦葺、外壁や辻塀は焼杉板張り使用で伝統的な酒蔵の外観となりました。
 現在は国内外から年間14万人以上の日本酒ファンが来館される観光スポットとなっております。
 今回、復興20周年の節目を迎えるにあたり、皆様に感謝の気持ちを込めて、これまでの歩みや、大河ドラマでも話題の嘉納治五郎との関係を解説した展示等を中心としたイベントを開催いたします。

菊正宗酒造記念館:東灘区魚崎西町1-9-1
http://www.kikumasamune.co.jp/kinenkan

【日時】
1月26日(土)~2月17日(日)

【展示内容】
・記念館20年の歩み(年表およびパネル展示)
・本嘉納と嘉納治五郎の関係を解説。
・小さい楽しい切り貼り絵「酒造り作業風景」他

【美人画総選挙】               
菊正宗の美人画ポスター12点を展示。(人気投票を行い抽選で素敵な商品を贈呈)

【講演】
▼1月26日(土)14:00~(60分)「お酒の四方山話」朝井資料室長
▼1月27日(日)14:00~(60分)紙芝居講演「稲村の火」
  作・絵:むら いつろう 
  紙芝居:人形劇団エプロン主催 水口聖子
  解説:朝井資料室長
▼2月 3日(日)14:00~(60分)「お酒の四方山話」朝井資料室長
▼2月10日(日)14:00~(60分)紙芝居講演「稲村の火」
  作・絵:むら いつろう 
  紙芝居:人形劇団エプロン主催 水口聖子
  解説:朝井資料室長
▼2月17日(日)14:00~(60分)「お酒の四方山話」朝井資料室長

※2/10の「お酒の四方山話」→紙芝居講演「稲村の火」に変わりました。
 2/17の「お酒の四方山話」を追加いたしました。