第6巻 日本酒の楽しみ方
燗酒の種類

お酒の飲み頃の燗の温度は、酒質や外気温によって違ってきます。また個人の好みによっても様々ですが、日本酒の場合、徳利内で測って50℃前後が良いとされています。熱すぎるとアルコールの強い刺激ばかりが感じられ、本来のお酒の旨味がなくなってしまうからです。

また「辛口のお酒はぬるい方が良い」とか「甘口のお酒は熱燗が良い」等々、燗の温度についてはいろんな意見もありますが、要は好みの問題で、自分がおいしいと感じる温度にして飲むのが最高です。

40〜60℃にお酒を温めることを燗と言っていますが、55〜60℃を熱燗、40〜45℃をぬる燗と言い、その中間の50℃前後を適燗(または上燗)としています。60℃以上に温めることは避けた方がよいでしょう。

温める温度によってお酒の味、香りに違いがでてきますから、酒質に合った、そして好みに合った温度にすることは、お酒を楽しむ上では大変重要なことです。

また昔から「燗は人肌」と言われますが、体温の35〜37℃では低すぎるようです。湯煎で燗をしたとき、指を徳利の底に触れてわずかに温かく感じた時が適燗だと言うことを「人肌」と表現したのでしょう。

燗温の目安
60℃

    熱燗
55℃

50℃

45℃

  
適燗(または上燗)

  

40℃
     ぬる燗  
※但し徳利の中の温度  

燗酒の楽しみ方
燗酒についてもっと詳しく知りたい方はこちら

next

目次へ戻る

お酒は20歳になってから。 お酒はおいしく適量を。
Copyright(C)Kiku-Masamune Sake Brewing Co., Ltd. 1999-2006 AllDァホnhts reserved.