菊正宗について / 歴史

江戸中期、神戸・御影の地で、酒造りを始める。

万治二年(1659年)、徳川四代将軍家綱の時代。
御影村の在郷商人(廻船業、網元)として活躍していた嘉納治郎太夫宗徳が、当時、先端の製造業であった酒造業に手を広げ、
ここに菊正宗350年の歴史が始まりました。

江戸っ子に愛された灘の“下り酒”。

江戸下り図「三幅対」
谷文晁筆 「江戸下り図」本嘉納家所蔵

当時、まだ決して大きな銘醸地ではなかった灘がその名を轟かせるようになったのは、18世紀末、江戸送りのいわゆる「下り酒」の人気が高まったことから。中でも造った酒のほとんどを“下り酒”にしていた本嘉納家の酒は、最高品質の酒として江戸っ子にこよなく愛されました。

良質な酒米と宮水という、六甲山系の自然の恵みを丹波杜氏の職人技で醸した辛口を携え、地の利を生かして港から遠くは松前(北海道)にまで取引に出かけたという本嘉納家。伊丹、池田といった先達を凌駕し、新興の酒造蔵としての名声を確かなものにして行きます。

近代醸造技術の礎づくり。

本嘉納家は文化・文政(1804年~1829年)の数十年で石高を約3倍に増やし、幕府の御用商人とも言える立場を確立して隆盛を極めます。
明治19年(1886年)には「菊正宗」ブランドを商標登録。
海外への積極的な輸出や宮内省御用達拝命など、のちの発展の基盤がこの頃固められました。
また、明治22年(1889年)には本嘉納家8代目秋香翁が「どうしても良い酒を造る」の信念でドイツから顕微鏡を購入し、西洋の学問を身に付けた技術者を招聘。断熱効果を高めたレンガの酒蔵やビン詰め工場など、最新鋭の設備投資で業界に先駆けた技術改善を敢行。「近代醸造」への足がかりを築きました。

よりうまい辛口を、より多くのお客様に。

菊正宗イメージ

昭和20年、阪神間をおそった爆撃によって菊正宗も大部分の蔵を焼失。わずか3蔵から復興を遂げました。昭和24年に業界新聞が行った6大都市での世論調査では、「売りたい酒」「品質のよい酒」で、菊正宗はいずれも3都市でトップ、総合でもトップの座を得ました。1988年には、業界で初めて主力商品の全てを本醸造化するなど、品質本位の姿勢を貫いてきました。

また「♪やっぱり俺は~キクマサムネ~」で一躍有名になった昭和53年のテレビCFは、その年の優秀なCFに贈られる広告賞を受賞。続く「旨いものを見ると、辛口のキクマサがほしくなる」編CFでは、食と日本酒の融合を提案するなど、日本酒の新たなポジションを切り拓き、魅力を発信し続けてきました。