社員の声

営業職

美味しいお酒をより多くの人に届けるやりがい

現在は中四国エリアの営業を担当しています。新人ならではのフットワークの軽さを武器に、お客様との人間関係を高めてきました。嬉しかったのは大手のバイヤーが「小林さんの熱意が伝わりました」と導入を決めてくれた時。そこに営業の醍醐味を感じました。営業していて感じるのは当社の商品力の高さです。ただ菊正宗ブランドが浸透していない商圏がまだまだあります。これからも型にはまらず、自分の考えで主体的に動く「攻めの営業」で菊正宗を広めたいと思っています。

量販店への酒類営業を担当しています。元々お酒が好きで酒類業界を志望していました。お客様にフィットする売場提案など日々悩みも多いですが、当社は組織の垣根を超えて手を差し伸べてもらえる職場環境です。また、エネルギッシュに新しい技術に挑戦する事で、独自の特徴をもった商品がどんどん生み出されるのが当社の強みです。その強みを武器に菊正宗の美味しさを広め、沢山の方に楽しんでいただける提案営業を行っていく事が今の目標です。

研究職

日本酒の神秘を追究し、新たな価値を見出す楽しみ

菊正宗の魅力は、醸造の基礎研究にも商品開発にも携われる点だと思います。私は現在、新しい機能を持った酵母の選抜・育種や、製品に発生した問題の原因などの分析を主にしています。こうした日々の業務や、試作としての小規模な醸造を通して、日本酒への知識が深まっていくことが楽しいです。今の市場にどんなお酒が流通しているのかに目を向けつつ、将来、自分の研究結果から開発した新製品がお店に並ぶのが夢です。

酵母の育種など清酒醸造に関する基礎研究に加え、新商品を生み出すベースの研究にも携わることができ、やりがいを感じています。特に、菊正宗が継承する生酛造りを解明する研究に魅力を感じています。生酛造りは微生物の自然淘汰を非常に巧みに利用している点が神秘的です。研究対象として間近で見て感じることは、古(いにしえ)の先人の豊かな発想力です。これからは、生酛造りの研究から得た知見を活かし、豊かな発想力で新たな日本酒の開発をしたいと思います。

技能職

品質を維持・向上し、美味しいお酒を造るよろこび

お酒をパックや瓶に詰め、製品として完成させる製品部。私はここで機械を製品ごとに調整する型替え作業や異物混入をチェックする検品作業を担当しています。職場の雰囲気は温かく、先輩も気さくで何でも聞ける雰囲気です。今は、新しい機械の作業が完璧にできた時や、指導している後輩が仕事を覚えてできる事が増えるのを見るとやりがいと成長を感じます。これからもミスなく確実に仕事を行い安全な製品を造り、笑顔で楽しくコミュニケーションをとって頑張っていきたいです。

生産部は文字通り日本酒を造る部門で、私は主に洗米・製麹といった原料処理を担当しています。原料処理は色々な日本酒を造るための原点であり、そこに関われることは大きなやりがいであると同時に、ミスが全体的なトラブルになりかねない、とても責任の大きい仕事です。私自身、そうした場面を先輩に助けていただいたことがありました。将来、自分も後輩を支えられる菊正宗の酒造りのプロとして働いていたいです。

事務職

社員の活躍を支える責任と達成感

製品・分野ごとの収支計算など、主に会社のあらゆる会計に関わる仕事をしています。人の雰囲気がよく、働きやすそうな職場だと感じ、入社を決めました。これまで学んできた知識で、好きな日本酒に関われるので、やりがいを感じます。地道な計算や確認が正しい結果につながると達成感もひとしおです。他の部署を支えることも多いので、要望に正確かつ迅速に応えられるよう、専門知識を身に付けたいと思います。

勤怠管理や採用、研修など、総務部でも特に人事に関わる業務に携わっています。もともと日本酒が好きで酒造業界を志望していました。その中でも、職場の温かい雰囲気に魅力を感じ、この人たちと一緒に働きたい、と思ったことが入社の決め手です。業務柄、色々な部門の人たちとたくさん話せることが楽しいと思います。今は人を見る目を養い、もっと頼もしく思ってもらえるようになりたいです。

菊正宗トップ > 会社案内 > 社員の声